アメリカ留学の準備について

前からアメリカ留学に興味があって、近いうちに留学をしたいと思っているけど、実際準備をしようと思っても何から始めていいのか、わからない・・・。そんなふうに感じている人も多いのではないでしょうか?実は、留学を思い立った人々のほとんどが、はじめは同じような悩みにつきあたります。留学の種類に個人差があるので、準備の方法は人によって異なることもありますが、ここでは、アメリカ留学の準備の手順の一例を紹介します!

アメリカ留学の準備のステップ

留学の目的を振り返ってみよう

英語を上達させたい、アメリカの文化に興味がある、アメリカでの大学進学を考えている、将来のキャリアアップのため、海外にでて自分を見つめなおしてみたいなど、いろいろな目的があるかと思います。自分の目的によって留学のタイプも準備方法も変わってくるので、まずはじめに、なぜ留学したいと思ったのか、その目的を再確認してみましょう。留学の目的をはっきりさせておくと、留学の準備にも取り掛かりやすいですし、また留学の目的を持つことで、留学中の生活や勉強の精神的な支えにもなります。

自分の目的にそった留学の種類を決める

自分の留学の目的が定まったら、その目的が達成できる留学のプログラムを選びましょう。たとえば、「夏休みの間だけ、英語を学びながらアメリカの文化も楽しみたい」なら、短期の語学留学。「アメリカの学校に現地の人たちと通って、英語も身につけたい」、というならアメリカの大学や高校への交換留学、「アメリカで働いてみたい」というなら、インターンシッププログラム、「アメリカの大学院に進学して自分の研究を掘り下げたい」のなら大学院留学または進学準備コース、など、自分の目的にあった留学スタイルを選びましょう。その際には、留学できる期間、準備できる留学資金なども考慮に入れ、留学のタイプを絞っていきましょう。もし、どのような留学が自分に合っているかわからない場合は、在籍する学校の教育カウンセラーや、留学機関の専門家に問い合わせてみることをおすすめします。

アメリカ留学に関する資料集め

留学のタイプが決まったら、実際に準備に取り掛かりましょう。まずは、留学に関する資料を集めましょう。多くの資料を取り寄せ、比較したりして自分が納得いく学校や留学プログラムを選びましょう。

  • インターネットを活用:パソコンや携帯電話のウェブサイトで「アメリカ留学」と検索すると、留学会社が行っているサービスや、留学生の体験談、留学に関する準備情報などがたくさん集められます。最近では、アメリカから、日本人の学生が発信しているブログなどもたくさんあるので、気になるブログや体験談なども読んでみましょう。留学中の生活がどのようなものかリアルに感じとることができます。
  • 資料請求&問い合わせ:留学会社やアメリカの大学、教育機関では、無料で資料を請求できたり、ウェブサイトで資料をダウンロードできたりするので、まずは興味のある学校やプログラムのウェブサイトを見たり、問い合わせをしてみたりして資料を取り寄せましょう。(アメリカの大学によっては国際便の送料を自分で負担しなくてはいけない場合もあります)。また、民間の留学会社では毎週のように無料の留学説明会、カウンセラーとの相談会を行っていたり、アメリカ留学フェアのように、複数の留学会社や海外の大学のスタッフと直接話ができる機会もあります。また、資料やカウンセラーとの相談をもとに 留学にかかる費用をしっかり把握しておきましょう。実際、留学にかかる費用は安くありません。ご家族にサポートもらうにしろ、自分で負担するにしろ、ご家族ときちんと留学について話し合い、理解を得ておくのも大切です。

留学に必要なもの、書類を理解する

学校や留学関連機関からのアドバイスや、参考書、インターネットを活用して、まずは自分の留学準備に何が必要となってくるのかを理解しましょう。留学費用はもちろん、留学のタイプによっても異なりますが、パスポート、ビザ、成績証明書、英語テストのスコア、予防接種、保険など、留学の種類によってはかなりの量の留学準備が必要になってくることもあります。特に、英語のテスト、予防接種、ビザなどは時間がかかるので、早めに時間に余裕をもって準備を始めしょう。(このときに、自分用の「留学ノート」を作り準備についての記録をまとめておくととても便利です。) 

留学の手続きにとりかかる

自分の目的も再確認し、資料も集めたら、実際の留学の手続きを始めましょう。自分の希望する学校や、留学プログラムに申請し、必要に応じて、ビザの申請、航空券(保険)手配、予防接種、英語テストのスコア提出などを行います。留学の手続きに関しては、留学のタイプによってもことなってくるので、各留学ごとの詳細について知りたい場合は、留学準備に関する書籍、ウェブサイトを参考にするといいでしょう。FulBrightのようなアメリカ留学を専門としている機関や、アメリカ大使館でもアメリカ留学に関する情報を集めることができます。また、留学先の現地の情報などを、調べておくと、渡米してからの生活をスムーズに始められます。知り合いや在籍する学校に留学体験者がいる場合は、実際に留学の話を聞いてみましょう。

英語の勉強

留学の準備を進めると同時に、留学出発までにしっかり英語も勉強しておきましょう。実際にアメリカに行くと、日本人は文法や単語はわかるのに、英語の聞き取りや話すのに苦労することが多いようです。留学の出発までに、実際にネイティブスピーカーと英会話を練習する機会があれば一番ですが、それができない場合でも、ラジオやテレビ、インターネットの英会話プログラムなどを利用し、英語の聞き取りと話すことに慣れておきましょう。アメリカに行くと膨大な英語の資料に目を通すことがよくあります、英語の長文の文章に日ごろから触れておくとよいでしょう。アメリカに行ってからの学校の教科や施設に関する英語、自己紹介の英語、アメリカで現在おこっているニュースや社会・歴史に関する英語も覚えておくと、留学してからの生活やコミュニケーションがスムーズになります。