ヘッドライン (最新の学校の様子をお届け )

留学経験者 にしか理解できない7つのこと

Elite Daily」で留学した人にしか理解できない7つのことが紹介されています。

海外留学は学生にとって、かなり大きな意思決定だと思います。海外で過ごす期間は生きてきた中でも素晴らしい経験の一つになるはずです。帰国しても、すぐに留学先に戻りたくなることもあるでしょう。留学中の友人とさらに多くの思い出を残したいと思う人も多いでしょう。このような感覚は 留学経験者 だけが持つことができるものです。

海外で過ごす時間を恋しく思うでしょう。世界中を旅行することは夢です。特に、素晴らしい人に囲まれて冒険するときはなおさらです。写真をひたすら見直すこともあるでしょう。しかし、それは実際に友人と会い、カフェで過ごすことや週末に旅行することには及びません。

おそらく、留学経験者に飛行機チケットを無料で渡したなら、彼らは次の日にも荷造りをして出発するはずです。お気に入りの場所にすぐにでも直行するでしょう。海外経験がある人なら、以下の7つのことに共感できるはずです。

1.    留学先を故郷と呼ぶ

留学先での友人以上に、その街への愛を理解してくれる人はいません。留学先を自分の出身地より気に入っている人もいます。地元の友人たちには理解されないかもしれません。そんな時に、100%理解してくれるのが留学先で出会った友人です。

自分が育つ町は、親が決めたようなものです。その育った街と実際に故郷と呼びたい街は異なることがあるのです。

海外留学は外国の地元民になることを意味します。海外にいると全てが冒険に思えてきます。

2.   写真を撮りまくること

留学中に取る写真はすごく価値があるものです。食事に行く度に、写真を撮ることになると思います。

海外の文化にさらされているとき、写真を撮ってその時を切り取っておくと良いです。その時間は半永久的に思い出すことが出きます。

3.   語学への愛

海外に留学して最初にやらなければならないのは、語学を習得することです。留学前に多少勉強するとは思います。だとしても、海外に行くのは目の前が見えない水の中に飛び込むようなものです。

冒険となると、慣れなければならないことは多くあります。そして、そのうち留学先の友達とお決まりの会話をするようになるでしょう。そうなれば、その会話や雰囲気を共有できるのは留学中の友達だけになります。

4.    荷造りが面倒

海外留学は飛行機に乗ってしまえば、勝手に始まっていきます。しかし、完璧に荷物を用意しスーツケースに詰めるのは簡単ではありません。お気に入りの靴を荷物を軽くするために置いていくことになるでしょう。季節変化に耐えられるような服と、お土産を持ち帰るためのスペースを空けておく必要があります。他にもスウェットなども持っていくモノはあります。

この先、どんな旅行をするとしても海外留学で得たスキルは必要なはずです。荷物の重量制限をオーバーして、空港でスーツケースを空けるのは何回もしたい経験ではありません。

数か月以上の留学に行くとスーツケースは大変なことになるでしょう。ただ、信じられないほどの思い出を作るのにそんなに大層な荷物は必要ありません。

5.   自発的にならなければならない。

おそらく、留学中はあらゆる経験をすることになりでしょう。あらゆるチャンスを取らないなんてありえません。留学してすぐは、そこまで積極的には慣れないかもしれません。しかし、留学していると変わっていきます。

週末の旅行を予約し、レストランを予約していると、何でもできる気がしてきます。留学初日は簡単なものしか見つけられないかもしれません。しかし、すぐに地元のおいしいものを見つけることができるはずです。全員が自主的になることはできないでしょう。小さいことから始めなければならないかもしれません。しかし、留学中の友達はそれが必要だということを理化してくれるはずです。

【参照元】

https://www.elitedaily.com/p/7-things-study-abroad-students-understand-thatll-keep-you-bonded-forever-8243492

記事をシェアする