The latest on travel, languages and culture by EF Education First.

IELTSスピーキングはこう攻める!英語面接・ビジネスにも役立つIELTSスピーキング学習法(上級者向け)

IELTSスピーキング対策について、なかなか日本語の情報源では上級者向け(スコア7.0以上)の学習法が見当たらないな、と感じることがあります。また、日本人の方でIELTSスピーキングセクションでハイスコアを記録する方はまだまだ少ないとも感じます。

今回は、前回の記事に続き、IELTSエキスパートとしてIELTSスピーキング対策の学習法をご紹介します。

IELTSスピーキング対策を開始する前に確認したい!そもそも、意外と知られていない採点基準とは?

IELTSスピーキング対策において、意外と知られていないのが採点基準です。Pronunciation(発音)と fluency and coherence(流暢さと一貫性)でそれぞれ25%を占めるにもかかわらず、多くの日本人受験生が意識していない(あるいは軽視している)点です。主観ですが、日本人の受験生は概して、「文法にミスなく正しく話すこと」と「話のコンテンツ(テンプレートを用意するなどして、特定の話題を詳しく喋る)」を重視する一方、発音や流暢さについては、一朝一夕にして身につくものではないと先入観を抱いてしまうためか、対策をする以前に諦めてしまう人が多いのです。これは実は非常にもったいないことです。

なぜなら、発音や流暢さは、一度正しいフォームを身につけてしまえば、難解な英単語や長文テンプレートを丸暗記することに比べ、忘れにくいからです。普段、日常生活や職場で英語を使う機会のある人ならなおさら、一度じっくり時間をかけて発音の学習から始めてみると、英語力の底上げに役立つと思います。(ここでは本題ではないので深く掘り下げませんが、発音の勉強をすることで、リスニング力も上がるらしいです。)

IELTSスピーキング試験に必要な発音や流暢さは、一朝一夕にして身につきます(完璧でなくとも、ある程度は)。

IELTSスピーキング対策の発音対策として、おすすめなのが、「とりあえず英語の発音の本に一冊取り組んでみる」ことです。私が気に入っているのは以下の本ですが、アマゾンのレビューを読み比べるなどして、好みの本を選ぶと良いでしょう。勉強法としては、一通り付属のCDを聞きながらテキストを読む→テキストを見ながら音読したり、シャドーイングしたりする。といったオーソドックスな学習法を、まずは1日15分×3ヶ月間くらい続けてみましょう。「今まで日本人なので発音は仕方ないと思って諦めていた」という人ほど目覚しい効果を実感できるはずです。

  • Collins Work on Your Accent: B1-C2

    このテキストは、発音のテキストの中で個人的に一番気に入ってます。テキストの構成・使い勝手(付属のCD音源も1回分が数分単位で区切られており、空き時間で使いやすい)も素晴らしいです。

  • Helping IELTS Students Practice Phonetics at Home for Free

    こちらのページでも発音の学習法と無料の学習ツールがいくつか紹介されています。試験日まで時間に余裕のある方は、是非試してみてください。

IELTSスピーキング試験の戦略を一気に学ぶなら、UDEMYがおすすめ。IELTSスピーキングを得点源に!

国内で英語学習に取り組む日本人受験生の方には、「IELTSスピーキング対策だけは、どうしても予備校に通わなくては」と考える方が多いようです。しかし個人的には、「国内の予備校に大枚をはたいて通学する必要は全くない」と考えています。おすすめは、UdemyのIELTSスピーキング講座です。その他、海外サイトではIELTSスピーキング対策についてノウハウがまとめられた無料サイトが多数存在します。これらのサイトから、IELTSスピーキングの問題へのアプローチ方法を学びます。その後は、自分でiPhoneなどで録音しながらスピーキングの練習をする、もしくは廉価なスカイプレッスンなどを選択すれば十分です。「とりあえず予備校」という発想で国内の予備校に通学することは、時間とお金が非常にもったいないです。

ちなみに、金曜日などのセール時では、Udemyでは80%OFFとか90%OFFとか、かなりの割引率で割引していることがあります。なんだか海外サイトっぽいですよね。

  • Get Band 7-9 in IELTS Speaking: IELTS Speaking Masterclass

    この講座は私も試してみたのですが、かなりおすすめです。IELTSスピーキングで7.0+を獲得するためのボキャブラリーや模範解答、付録でダウンロードできるテキストの質が素晴らしいです。

IELTSスピーキングの採点基準や戦略を学んだ後は、無料のウェブサイトを読み漁り回答力をブラッシュアップ!

IELTSスピーキング対策の採点基準・戦略を一通り理解したら、後は無料のウェブサイトやYoutubeを読み漁り、ひたすら回答力をブラッシュアップするのみです。私がおすすめなのは、IELTS AcademicのIELTSスピーキング対策のページですが、DC IELTSや、IELTS ADVANTAGEなどでも模範解答が公開されていたり、さまざまなTipsが紹介されています。IELTSスピーキング関連のウェブサイトを色々検索して読み漁り、自分のやり方に合った方法を見つけ、日々練習するのみです。

Youtubeにも有効な模範解答が溢れています。特に、IELTS Self Preparation The Best !の動画では、実際のテスト形式で模範解答を聞くことができるため、試験前に確認しておくと、実際の試験のイメージが描きやすいでしょう。

IELTSスピーキング対策の費用を抑えるなら、$5でネイティヴ講師からのフィードバックを受けられるFIVERR!

自分でIELTSスピーキング対策をしてiPhoneなどに録音した音源を、誰かに聞いて貰ってとにかくアドバイスが欲しい!という方にはfiverrがおすすめです。IELTSスピーキング対策についても、複数該当コースがあります(あるいは、’English Speaking’などのキーワードで検索してみると良いでしょう)。$5でフィードバックを貰えるのは、国内の予備校に通学する時間とコストを考えると、非常にお得だと思います。

さて、IELTSスピーキング対策について一通りご紹介してきましたが、「まずはとりあえず試験を受けて、場数をこなしたい!」という人には、試験を数多く受けられることをおすすめします。とはいえ、IELTS本試験を何度も受けるのはお金もかかることなので、無料のオンライン英語テストEFSETをおすすめします。現時点では、リーディング・リスニングのみですが、無料で英語テストを受けることができ、IELTS相当スコアではいくつ位か?を目安として把握することができます。EFSETは、日本ではまだ馴染みの薄い試験ですが、海外では徐々に有名になりつつあります。ぜひお試しください!

IELTSスピーキング対策の合間に、無料のオンライン英語テストを試してみませんか?詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事General