EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

コロナ渦でも、諦めずに挑戦したイギリス留学

コロナ渦でも、諦めずに挑戦したイギリス留学

コロナの影響で予定変更が重なった理奈さん(現在大学4年生・休学中)ですが、4月にイギリス留学を決断しました。理奈さんにコロナ禍での留学に挑戦した経緯、現地での生活についてお聞きしました!

 

 

“二転三転した留学予定”

元々は2020年9月にオーストラリアに渡航予定でしたが、コロナの状況を踏まえて2021年4月に延期しました。私がイギリスに渡航する頃にはロックダウンが終了していること、ワクチンが日本よりも進んでおり、状況が好転しつつあったことを知った為、これ以上の延期や中止はせずに2021年4月の渡航を決断しました。

“大学生のタイミングで留学に挑戦したかった”

私自身、海外の文化や生活に興味・憧れを抱いており、最初はそれだけの理由で留学を決めました。もちろん英語力の向上も理由の一つです。小さなきっかけに聞こえますが、私はその気持ちだけでも十分行く価値はあったと思っています。

タイミングに関しては、コロナの有無に関わらず最初から社会人よりも大学在学中の方が長期間滞在しやすいのではと考えていました。また、就職活動を始める前に海外で働くという選択肢についても考えたかったので留学を決めました。

 

“想像を超えた楽しい留学生活”

出発前はオンライン授業で友達を作るのも難しいのではないかと心配していましたが、感染症対策をした上での対面授業を実施してくれているおかげで、学校で友達を作ることもできました。外出制限もほとんどなく、飲食店の店内飲食も可能になったので友達と気軽にランチに行ったり、お酒を飲みに行ったりできるので放課後も楽しく過ごすことができています。まだイギリス国外への旅行は隔離などの点から難しい状況ですが、国内であればロンドンオックスフォードなどに行って観光を楽しむこともできます。

 

 

“学校、街での徹底されたコロナ対策”

学校では入校時の検温と手指のアルコール消毒、飲食時以外のマスクの着用が義務付けられています。(飲食時も斜めに座る、最低限の距離を取るなど対策がされています)教室でもお互いの距離を保つために間隔を空けて椅子が配置されています。

街のコロナ感染症予防対策としては、公共交通機関を利用する際や室内ではマスクを着用すること、飲食をする際のグループは最大6人までと決められています。入店する前に並ぶことも多いですが、店内が混雑するのを避けるのに役立っていると思います。

“これから留学を考えている皆さんへ”

コロナの情勢も変わり続けているので、随時状況を確認することは必要だと思います。コロナ禍でも正しく対策をしていれば留学も不可能ではないです!

 

コロナの有無に関わらず、必要な情報を自分から取りに行く姿勢が、留学準備の段階からとても大切になります。EF各校の安全対策や、コロナに関する留学の最新情報も発信しているので確認して下さいね!

 

イギリス留学| 情報収集無料資料取り寄せ

語学留学に興味がありますか?今すぐ無料資料請求。

詳細はこちら