EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

流されない強い意志を持つことが大事(2020年/イギリス・ブリストル留学)

流されない強い意志を持つことが大事(2020年/イギリス・ブリストル留学)

① ご経歴・プロフィール

現在、関西外大 三回生 過去に10カ月 カナダ留学の経験あり。

留学を決めたきっかけ 、理由(とりわけ、まだ渡航制限がかかっているこのタイミングでご出発(再渡航)を決意された、その想いをお聞かせください)

確かに渡航制限がかかっているタイミングでの渡航は少し不安でしたが、

現在、三回生で今の時期にしか留学できなかったという点が一番だと思います。

 

③ 今日までのご滞在で印象に残っている出来事(特にご出発前のイメージと比較していかがですか?)

やはり日本と違い感染症に対する考えは少し甘いかなと思います。

特にブリストルでは壁に描かれた絵が有名でいろいろ巡ってみたりもしました。

アクティビティでは日曜日のランニングに参加して体力が落ちないようにしています。

④ 現地の生活について(外出はできていますか?その際の注意点などお知らせください)

現在、イングランドでは七人以上で集まれなかったり十時には多くのパブやレストランが閉まったりとできることは限られているなか、友人たちと仲良くやっています。

ウェールズなどではロックダウンが行われていますがブリストルの感染状況は他と比べ少ないのでそこまで深刻になることはないと思いますが、外出の際には気を付けています。

 

⑤ 学校や寮・滞在先、また街中で取られているコロナ感染症予防対策について

(不自由を感じる点やご自身でされている工夫などありましたら合わせてお知らせください)

学校では毎日検温、アルコール消毒、マスク着用、人との距離感を保っての授業などで感染対策を行っています。

滞在先では、特に行っていませんが同じ部屋に二人以上は住んでいませんそして、手洗いうがいなどをメインに行っています。

街中では人との距離感を保つ、マスクの着用、追跡システムの導入などを行っています。

⑥ 同じ渡航先(国)へブリストル留学を検討中の方へ伝えたい事

ブリストルは、他の地域に比べ現状感染者が少なく、中核都市なので過ごしやすいです。多くの観光名所がバスで行けるのでお勧めです。イギリスでは、キャッシュレスなのでとても便利です。この時期は雨が多くそして寒いので現地で服を買うか日本からヒートテックなど持ってきた方がいいと思います。日用品は日本に比べて安いので特に好みがなければ現地でほとんど購入することが可能です。コロナの感染状況を考えると少し渡航するのが怖いと感じことがあると思いますが自分の行動次第で感染を避けることは十分に可能だと思います!

 

⑦ その他(お気づきの点、ご意見、これまでの滞在を振り返っての感想などありましたら事由にご記入ください!)

意外と楽しくやっています! どんな感じになるか不安な部分もありましたが言えばしっかりサポートしてもらえるので発言することが大事だと再確認しました。

コロナの影響でヨーロッパからの留学生が多くアジアからの留学生は少ないと感じました。そして、多くの留学生が二週間の自己隔離があるにも関わらず自分の意志で行きたいと思ったら行くという強い意志があることに感心しました。文化の違いはあると思いますが日本のこの状況だから行くのは周りからの考えとは異なるからいけないなどと思い詰めることはしなくていいと思います。様々な意見があると思いますが、私は周りに流されない強い意志を持つことが大事だと感じました。

留学の詳細を聞こう!Learn more

記事をシェアする

最新記事体験談