ヘッドライン (最新の学校の様子をお届け )

「TOEFL®テストで目指す高校正規留学」開催報告

TOEFL®テストで目指す高校正規留学」開催報告

 

2021年7月11日(日)にオンラインにて「TOEFL®テストで目指す高校正規留学」のイベントを行いました。

当日はEF Academyより、将来グローバルに活躍するために必要なスキルセットや、高校留学に必要な英語力などをお伝えしました。また、EF Academyでは各プログラム(アメリカ高校卒業資格取得プログラム・国際バカロレアプログラム)に入学前の英語力判定を行っています。

インターナショナル・ボーディング・スクールとしてTOEFL®テストは、重要な指標の一つであり、入学前のTOEFL Junior®の受験により実力判定や入学基準に対して、あとどのくらいの点数が必要かなど、具体的な目標設定の指標としてもご活用いただくことができます。

この度は、グローバル・コミュニケーション&テスティングの松田様にもご登壇いただき、TOEFL Primary®TOEFL Junior®の例題を用いて、テストについて分かりやすく解説をしていただきました。学年ごとにどのくらいのスコアが必要か、また今後グローバル人材を目指すにあたってどのような英語のレベルが必要かという点も具体的に解説をしていただきました。

 

実際にご参加いただいた方からは、“仕組みやスコアについて理解できました。“ ” 説明が詳細までとてもわかりやすかったです。今後に活かしたいと思います。“ などのお声をいただきました。

 

今回のメインでもあった留学中の生徒からの体験談では、中学3年生の学年からボーディングスクールに留学を決めた生徒が登壇しました。

一年間の留学でCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベルでA2からB2まで上がったことから、留学中にどのような苦労があったのかをお話いただき、一学期でのシャイであまり積極的に話すことができなかったところから、三学期にはディスカッションやプレゼンテーションにも徐々に慣れていった経験を聞くことができました。

ご参加をいただいた皆様からは、とても温かいコメントをいただきました。

“わかりやすく、説明してくださったので、実感が湧きました。”

“自主性が求められるので、チャレンジを恐れないこと! 共感します。”

実際を留学している生徒からの言葉は特に、これから留学を検討している生徒さんや、お子様を送り出すことを不安に思っている保護者様にもとても力強いメッセージでした。

 

今後のイベントについては、EF Academy イベントのご案内よりご確認いただくことができます。

これから正規留学を検討している生徒様、保護者様は是非ご参加ください。

記事をシェアする