フランス留学体験談

歴史的建造物、ファッション、料理、芸術など多方面で人々を魅了するフランス留学の体験談をご紹介します!実際にフランスで留学される方はファッションやパティシエなど料理を勉強するとともに、語学学校でキャリアを見据えた留学をする方が多いのが事実。ファッション、料理の聖地パリ留学地中海での休暇を楽しむ傍らフランス語を学ぶニース留学。先輩たちのフランス留学体験談を覗いてみましょう。

 

フランス留学体験談/原田ラウラさん

新学期を迎える皆さんへ~海外留学は自信をもたらしてくれる最高の体験~
 
 

 

原田ラウラさん(ミスユニバースジャパン福岡2018代表)の留学体験談です。彼女がどのようにして自信を身に着け、自分の世界を広げていったのか?ぜひ皆さんのインスピレーションにしてください!

============================

私は日本人とハンガリー人のハーフです。福岡生まれなので博多弁ネイティブスピーカー!高校まではほとんど福岡で過ごしていましたが、EFを通してマルタパリに留学した事をきっかけに、卒業後、心理学を学ぶために英国のBangor大学に正規留学しました。昨年、無事に大学を卒業し、今は東京で輸入車ブランドの正規ディーラー会社 に就職しています。

留学のきっかけは大好きだったハリーポッター

私は小さい頃、映画「ハリーポッター」を観て、英語が大好きになり、海外に一人で行く事に憧れを持っていました。なかなか家族には許してもらえなかったのですが、高校時代の英語の先生がEFのことを教えてくださったので、両親を説得して、やっと実践的な英語を学びに行くことが出来ました。

留学先として、最初はアメリカやイギリスを検討していましたが、様々な葛藤の末、マルタ語、英語、イタリア語が行き交う国、マルタ共和国への初めての留学が決まりました!!2012年の夏に初めてのマルタへ…そして2013年の夏には再度マルタ共和国で2週間過ごした後、そのままパリにも3週間留学しました!

刺激的な留学を通じて自信がついた!

初めての留学前は、英語の勉強で大変な夏になるだろうな…と思っていました。しかし、実際は英語の勉強はもちろん、授業以外にも友人と接したり、日常生活を送ったりして、楽しみながら英語を学び、更には自立心を得ることが出来ました。それまでほとんど学校と家の間をただ行き来するだけであった私にとって、学ぶことが本当に沢山あり、刺激的な毎日でした!!

英語を勉強していると、自信をなくしてしまう瞬間があると思います。たとえば、人前に立って英語で話し、文法・単語・発音を間違えてしまった時。私もそんな事がよくあって落ち込みました。留学当初は正直、勉強に追いつくのに必死で、あまり外国人の友人たちと話す機会がありませんでした。… いや、自分の英語力への劣等感から避けていたのかもしれません。そんな時、友人たちとディナーに行った時のことです。メニューを見ても食材名が分からないものが多く、私は無言で指を差しました。するとお店の方に「あなた英語を学びにここに留学しに来てるんでしょ?間違えて良いからちゃんと言いなさい」と叱られてしまいました。その時、私はふと気付きました。高校時代からの親友がいつも留学生を受け入れるホストファミリーをしていたので、私も日本に来た留学生と接する機会が多くありました。その時、留学生達が日本語を間違えても「この人はバカだ」とは決して思いませんでした。日本語は彼らの母国語ではないから当たり前です。同じように「私にとって英語は母国語じゃないのだから、間違えたっていいじゃないか」と気付き、それからは思いっきりたくさん英語で友人たちと話し、間違えても大笑いしながら教えてもらい、時には同じ間違いをしてもまた大笑いしながら学びました。今もまだまだ英語を勉強しなければいけませんが、これによって大きく成長したと断言できます。間違えても落ち込まない。笑って学ぶ。そして自信をつける。

自信が導いてくれた、ミスユニバースへの挑戦

留学後は、もっと英語を勉強し、再留学してもっと流暢に外国の友達と話せるようになりたいと思い、英語の勉強に熱中しました。しかしそれ以上に、「日本人がほとんどいない国」マルタ共和国で生き延びられた自分に自信がつき、高校時代には生徒会副会長、英国大学でも心理学部留学生代表、Japanese Society のChair personとして、人前に立って発言することが大好きになりました!!

社会に出てからも、自分に自信を持つことは本当に大切です。自信がある人には魅力があります。魅力がある人には、人が自然と付いてきます。私は以前から根拠のない自信はあったのですが、根拠のある自信を持ちたい、これから社会に出る上で人に見られる美を学びたい、そして日本人として日本の歴史・文化をもっと学びたい、そういう思いからミスユニバースジャパン福岡大会2018に出場し、準グランプリをいただきました。

ミスユニバースを通して、もちろん美に関して多くを学びましたが、私が特に印象に残っているのは、特に私たちの祖国日本を守る自衛隊春日駐屯地に実際に赴いた時のことです。自衛隊の方々から、直接彼らの活動について学ぶことが出来た、本当に貴重な体験になりました。

原田ラウラ

留学で身についたスキルで最短で内定をゲット

ミスユニバースジャパン福岡大会で、大勢の人の前に自分自身を魅せる時、最初のダンス審査では少し緊張しましたが、その後の水着審査、そしてスピーチ・質疑応答の審査では緊張は消えていました。自分に自信が持てていたからです。そのため結果にも満足し、”自信”と”勢い”のまま東京での就職もすぐに決まりました! 就職活動では、試験最初の面接からなんと約4時間で内定を頂きました!就職先の会社の中でも、史上最速だったそうです!それも面接中、堂々と自信を持って話すことが出来たからだと信じています。

私の自信は、すべて経験が基盤になっています。そしてその経験の積み重ねは、留学から始まりました。EFを通して留学し、留学という”経験”から自信がつき、もっと様々な事を体験したい・経験したいという思いからそれを実践し、更に様々な経験を重ねる事によってより一層自信をつけることが出来ました。

私の経験を周囲の人に伝えたい

そんな自信を持った私を信用してくださる方々が、ありがたいことに、私に”投資”して下さっています。時々本当に自分が世界の中心なんじゃないかと勘違いしてしまうほどです!!そんな気持ちを抱くほど、自分に自信を持つ事が大切です。私はこれからも自分自身を成長させられるような経験を積み、更に自信をつけ、今度はそれを元に周りに私なりのアドバイスが出来る人になろうと考えています。もしも、あなたが留学を迷っているのなら、将来どんな自分になりたいかを考えてください。きっと留学という経験が、なりたい未来の自分へ近付ける原動力とはるはずです。

原田ラウラ

EFパリ校に留学中の写真。クラスメートとアクティビティで訪れたディズニーランド。