英語学習ガイド

英語学習をするメリットとは?

英語を学習する上で、その目的をはっきりとさせることが非常に重要になります。”なぜ” あなたは英語を習得したいのか、英語習得後に何を求めるのか、じっくりと考えるところから始めてみましょう。

例えば、英語の習得は言うまでもなくあなたをキャリア面で成長させ、人生の視野を広げることに繋がります。世界中ではますます多くの人々が文化的バックグラウンドの壁を超え、英語を通じてコミュニケーションを取っています。英語は、国際貿易、ビジネス、外交、その他多くの分野で共通言語となっているのです。英語の習得は、あなたにとって新しい世界の扉を開く鍵となります。

 

世界最大規模で世界の英語能力指数ランキングを測定するEF English Proficiency Index(EPI)によると、世界の約10億人以上が第1または第2言語として英語を話し、数億人もの人が第3または第4言語として英語を話します。それに伴い、英語力は科学者、研究者、観光業、ビジネス、様々なグローバル場面で情報を交換する際に必須になります。同様に、一般的にも英語を話す人はより良い仕事を得て、より多くの収入を得、世界中のより多くの情報にアクセスできることが証明されています。

 

その他英語を学習すること得られる、主なメリットを以下でご紹介します。

  1. 英語を学習することで自分に自信がつきます。実際に英語習得後に自分に自信が付いた、という声をよく聞きます。
  2. 英語を習得することで、自分の業界、分野の最新情報を常にフォローし、英語で会議に参加したり、国際的な役割を持つポジションに昇進したりと、キャリアアップの機会が一気に広がります。
  3. 新しい言語を学習することは心の健康面で良い影響を与え、脳の記憶が刺激され、精神的な柔軟性が高まります。
  4. 英語を学習することで、世界のより多くの知識に、より幅広い視点からアクセスできます。世界のオンライン上の情報資料の半分以上は英語であり、世界の全ての優れた学術論文は英語で論述されます。
  5. 英語を学習することで、海外旅行がよりトラブルなく充実したものになります。ガイドブックや翻訳者への依存が減り、ひとりで好きなように世界を探索できるようになります。
  6. 英語を学習することで、他の国で生まれ育った人と出会い、文化的な理解を深めることができます。英語習得は世界をかつてないほど小さく、身近に感じさせます。

"なぜ"あなたは英語学習をしますか?

効率的な英語学習法

英語を最も効率よく学習する方法は?答えはもちろん124時間、毎日英語に囲まれた生活をすることでしょう。故に海外留学は最速の英語習得を可能にします。しかし、海外留学が難しいという方もいるかと思います。そこで、海外に行かずに英語に囲まれた生活が家でも出来ることをご存知でしょうか?

まずは英語で読む、英語で音楽を聴く英語で映画を観る、仕事場で英語を話す努力をする、オンラインで英語を話す友達を作る、などから始めてみましょう。初めは気が遠くなるかもしれません。そこで、次の手順に沿って行ってみてください。

  1. まず、あなたが毎日の様に行なっているルーティンを想像してみましょう。例えば、ジョギングとしましょう。
  2. Googleやスマホアプリで英語のポッドキャストを探してみてください。(英語であればなんでも構いません。)
  3. 明日のジョギングはそのポッドキャストと共に走ってみましょう。
    これだけであなたは1日の30分間を英語に囲まれた生活を送ることができました。実はこれは全く大袈裟な話ではありません。海外で30分間カフェにいるのと何ら変わりはないのです。

以上は一例に過ぎませんが、初めは少しずつ自分を英語に触れさせることにより経験を脳に蓄積させます。あなたが毎朝新聞を読むのであれば、英字新聞に変えるところから始めてみましょう。サッカーが好きなのであれば、イギリスのスポーツ番組を探してみましょう。料理をするなら、アメリカのウェブサイトからレシピを。何か他に趣味があるのであれば、インターネットであなたの趣味の国際コミュニティを探すことも。世界の情報に簡単にアクセスできる現代、あなたが普段している事は全て英語での生活に転換することができます。

人には物に慣れるという非常に優れた能力があります。英語も同様に習慣の一部にすることにより、気付けば当然のことのように感じる日が来ます。

以下で紹介する英語学習メゾットを参考にしてみて下さい。1つの方法に慣れたらさらに1つ追加、レベルを上げる、のように楽しみながら行うことが上達の秘訣です。

モチベーション維持法 -英語学習成功のカギ-

さて、ここでは英語学習者の多くが勘違いしやすい間違いについて話します。それは英語習得に掛かる時間です。多くの人が子供は言語習得能力に長けていると言いますが、彼らが実際に文章の構築をし始めるのは2歳を過ぎてから。そしてひたすら、使います。仮に間違っていても、彼らにとっては自己表現をするために必要です。しかし彼らに英語学習の方法を選ぶ能力はありません。大人がより優れた環境を用意し、子供に与えます。対して自分で行動し、数ある方法の中から自分に最適なツールを選択し、継続する意志を持つことができるのは大人達です。

英語学習は長きに渡り日々成長していくものであり、そこに終わりはありません。普段の会話で日本語を使っていても、知らなかった単語や知っているけど使ってこなかった表現に出逢うことがあるかと思います。英語も同様に学習自体に終わりはなく、時間で完結するものではありません。

自らのモチベーションを数ヶ月、数年間維持させる事は大きな挑戦になるのは間違いありません。英語を習得するのに継続力は必須になります。実践した者のみがその先にある結果を身を持って体感することができるのです。あなたの人生の変化と共に、英語の成長も見えるでしょう。

以下の英語学習のモチベーション維持法を参考にしてみましょう。

  1. あなたが普段行っていることを英語に転換させる。自然と英語があなたのルーティンの1つになります。自らのパッションに従う事に学習という概念が薄れ、モチベーションの維持に繋がります。あなたのパッションは何ですか?
  2. 英語を習慣付ける。毎日英語に触れることが非常に重要です。それは無意識のうちに英語に対するハードルが下がることに繋がります。本、映画、新聞、ニュース、方法は数多く存在します。
  3. 自分の英語学習を可視化させる。あなたが英語上達のために行っていることを書き出してみましょう。「今日は英語で映画を観た。」「英語のポッドキャストを聴きながらストレッチをした。」などで結構です。但し1ヶ月おきに振り返ることを忘れずに。
  4. ゴールを設定し、到達した際は自分にご褒美を与える。ご褒美は大きいものから小さいものまで。洋服を買う、大好物を食べる、ロンドン旅行に行く、など。人間の脳は何をすれば喜びを感じるかを学習し、英語学習のモチベーション維持に繋がります。
  5. 自分の成長を数字に出す。自分の成長を数字で表すことがモチベーション維持に繋がります。定期的に自分にテストを与えてみましょう。EFが提供する無料英語力測定テストがその手助けをします。半年に一度のペースで受けると成長がよく見えます。

英語学習コースを選択する前に

英語学習法として英語学習コースを受けることも視野にある方。英語学習コースを受けることは初心者には特に効果的な選択であり、将来の大きな投資となります。

そこで英語学習コースの選択肢を調べる前に、まずは座って英語学習の目標のリストを作成してみてください。自分の目標が未だに定まっていませんか?英語学習コースはその目的が多岐に渡ります。英語で仕事をするために受けるビジネス英語コースと大学進学準備に向けたTOEFL学習コースとではその学習内容に大きな違いがあります。

とりあえず受けてみよう、は決しておすすめできません。まずは時間を作って自分の目標を紙に書き留めておくことから始めてみましょう。その時間は将来的に非常に価値を持ちます。

英語を学習する方法

英語学習コース- 自分に最適なものを選ぼう。

目標が定まったら、次にあなたの目標達成に最も近い英語学習コースを探しましょう。以下の選択肢が考えられます。

 

主な学習法

  • 独学– 最も一般的な英語学習法。多くの選択肢から自分で学習法をピックアップ。本屋さんで参考書を買うところからスタート。オンラインでも広範な英語の参考資料があります。
  • オンライン英語学習コース– いつでもどこでも授業を受けることが可能。ライブで講師から授業を受けられる。プライベート講師も有り。
  • 英会話スクール– 週に1回または2回、近くの場所で受ける。グループ学習、プライベートクラスから選択。
  • 語学留学(英語学習)コース– 1日3~4時間のレッスンx5日(平日)。クラスメートとの隙間時間、放課後は常に英会話。本場ホストファミリーとの英語漬け生活。語学留学は最も効率的かつ短期的に効果が見える学習法です。成功させるには事前準備と現地での行動が肝になります。
  • クラスタイプ

  • プライベートレッスン(個人レッスン)– 自分のスケジュールに合わせた学習が出来る。(比較的高額)
  • グループレッスン(団体レッスン)– 決められたカリキュラムに従い、クラスメートと決められた時間に学習する。(比較的安価)
  • 学習体系

  • 一般英語学習コース– 英語のあらゆる側面をカバーする幅広いコース(日常会話、文法、語彙、イディオム etc..)
  • 特定の英語学習コース– 英語テスト受験コース(IELTS, TOEFL, TOEIC対策コース)、ダンス留学エアライン留学医学部留学、など特定の場面を想定した英語学習。
  •  

    目標が具体的であればあるほど、目標達成に繋がる最適な英語学習コースが見つかる可能性が高くなります。また、英語学習中に目標が変わる可能性もあるので、定期的に自分と向き合い自分を見つめ直して、それに応じた英語学習戦略を練ることをお勧めします。

    2050年には世界の英語話者が世界の半分に登ると言われています。日本も同様にグローバル社会の一途を辿っています。

    英語を学習して世界のグローバリゼーションの波に乗りましょう。その努力で得たスキルはどこの業界でも、何の分野でも、今後大きな武器となります。