EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

英語の勉強に最適な映画10選!楽しくリスニング力を鍛えよう

英語の勉強に最適な映画10選!楽しくリスニング力を鍛えよう

「英語の勉強に最適な映画を教えてください」 時々、こんな質問を頂きます。語学学習は楽しむもの。 数ある勉強法の中から、映画を観て学ぶ方法はリスニング力を鍛えるのにピッタリです。 超大作の映画を観ていたら、 悪い意味の英語が出て来た? インディ映画は複雑すぎる? よくわからない言葉がたくさん出て来た?安心してください、そんなあなたのために最も英語の習得に適した(そして面白い)映画をご紹介します!

英語の勉強におすすめの映画10選!

1.ジュラシックパーク (1993)

この映画を観たことない人はいない!と言っても過言ではないでしょう。まだ観ていない人は、一度は観るべきです。徹底されたエンターテイメント性と、化学用語などちょっと難しい言葉や表現も含まれており、英語を学ぶには完璧とも言える映画です。今までで私が観た映画の中で最高の映画です!(かなり私見が含まれていますが…)

2.ノッティングヒルの恋人 (1999)

イギリス英語かアメリカ英語か、英語留学でどちらを学んだらいいの?迷っているあなたは、両方のアクセントが学べる、ロマンティックコメディをご紹介します。舞台はロンドン。真面目な本屋のオーナーが、アメリカ人の大女優に恋をしてしまう内容です。ほっこりするエンディングはあなたの心を温めるでしょう。

3.クルーレス (1995)

絶大な人気を遂げた90年代のリバイバル映画『クルーレス』では、レトロなスラングをマスターすることができます。ロサンゼルスの高校を舞台にしたストーリーなので、1993年から1996年に高校生の間で流行ったファッションもチェックできるでしょう。実はこの映画、かの有名な作家、ジェーン・オースティンの小説『エマ』を元に映画化されたんですよ。

4.ハンガーゲーム (2012)

アメリカのアクセントはわかりやすい? OK! ジェニファー・ローレンス? OK! 案内人のハンサムな男性? OK! 鳥肌が立つファイトシーン? OK! SFの物語に加えて恋愛や世界破滅危機のダークな政治の要素が含まれたジャンルが好きな人なら、必ず観るべき映画です。

5.英国王のスピーチ (2010)

この映画は、言語障害であるイギリスのジョージ王が、障害を乗り越えてイギリスの人々にスピーチを届けるストーリーです。内容を楽しめるだけでなく、実際に発音の練習シーンもあります。英語を学ぶ上では最高の映画ではないでしょうか。

6. クイーン(2006)

イギリス王室についての映画をもう一本ご紹介しましょう。イギリス王家によるダイアナ妃の死を巡るこの映画では、まさに教科書で取り上げられているような、上流階級のイギリス英語を習得できます。終始、高級なセットと女優のへレン・ミレンによる素晴らしいクイーンの演技に魅了されるでしょう(彼女のアクセントはまさに上流社階級の人そのものです)。

7.オズの魔法使い (1939)

世界で最も有名で伝統的な映画は数知れず存在します。中でも『オズの魔法使い』は観たことない人がいないほど有名です。人を救う指名を任される魔法の世界に送られるドロシーと呼ばれる主人公の話しです。歌のシーンもあり、終始楽しめます。

8.メン・イン・ブラック(1997)

『メン・イン・ブラック』の中に出てくる英語は、理解しやすいと感じるだけでなく、シーンとセリフを関連付けやすいと感じるでしょう(シークレットエージェントがエイリアンと戦うシーンなど)。主人公のウィル・スミスの英語ははっきりとした口調に、持ち前のクールさを出しながらセリフを話しています。

9.ババドック 暗闇の魔物 (2014)

この映画はホラー映画です。そのためホラーが好きでない方には、オススメできません。ある女性と彼女の息子が、『ババドック』と呼ばれるモンスターについての身の毛もよだつような本を見つけます。そこから理解不能なことが家の中で度々起こります。この映画のメリットは、オーストラリアのアクセントをことができます。

10.ブラックシープ (2006)

ニュージーランドで知られているホラーコメディです。この映画は五本の指に入るほど面白い作品です。この映画は狼男についての映画ですが、狼の代わりに羊がモンスターになると言う少し変わった内容です。その変のコメディタッチは別として、ニュージーランドのアクセントの習得はもちろん、国の農場のカルチャーについても知ることができます。語学留学の出発前に、リラックスしながら映画を観て英語学習をしてみよう。

映画の世界を実体験しよう!詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事言語