GO Blog | 留学・海外留学はEF
EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

シンガポールが好まれる10の理由

シンガポールが好まれる10の理由

多くの人にとってシンガポールは、耐えず走るスカイラインやおしゃれスポットのイメージがあるのではないでしょうか。イメージ通りの街並みが実在する一方で、このライオンシティーには、目にするもの以上に多くの名所が実はあるのです。至る所に点在する流行りのオシャレなレストランから、華やかな最先端のファッションシーンまで、驚かされることがたくさんあるはずです。

そこで今回は、シンガポールが愛される理由をまとめました。この記事を読んだらあなたもきっと、シンガポールに行きたくなるはず!さあ、準備は良いですか?

1.食事

中国、インド、マレーシア、インドネシアから影響を受けたシンガポールの料理は紛れもなくクオリティ、多様性で高い評価を得ています。また驚くことにこの国は、世界でもっとも低価格なミシュランレストランが軒を連ねる国でもあるのです。例えば、リオ・ファン・香港・ソーヤ・ソース・チキンライス&ヌードルなどが中でも有名です。発音が難しい名前で、複雑な料理を連想させそうですが、控えめな佇まいのストリートフードレストランに、非常にシンプル(且つ美味)な料理を提供しています。また、この国には多くのフードマーケット(ホーカーセンター)が存在し、場所によっては、地下にお店を構えているところもあるため、隠れ美食レストランを探す旅も最高です!

2.言語

イギリス植民地だった時代のあったシンガポールで、共通言語の一つに英語が使われていることは驚くまでもないでしょう。シンガポールは、世界中から多くの人を引き寄せ多様な文化を作り出しています。共通言語が英語なだけに、英語留学にもおすすめの国です。現地の人と会話を楽しむことで貴重な体験ができるでしょう。

3. マリーナベイ・サンズ

シンガポールで最も美しい情景が観れるマリーナベイ・サンズは要チェックです。この有名なラグジュアリーホテルでは、素晴らしい建築技術が施された屋上プールで、息を呑むような無限に広がる景色が圧巻の一言です。しかし、怖がることがありません。宿泊者以外はホテル上階のスカイパーク展望デッキのチケットを購入することはできないようになっています。展望デッキは、町を360度見渡せる圧巻の景色を誇り、一度行ってみる価値は十分にあります。

4. ガーデン・バイ・ザ・ベイ

シンガポールは別名をガーデンシティと呼ばれています。その理由は、島の半分が緑に覆われているからです。自然保護から、シンガポールボタニックガーデンまで、街中は緑で溢れています。シンガポールには数多くの体験ができる名所が数多く存在します。中でも、ガーデン・バイ・ザ・ベイは必ず訪れたい場所です。1万以上の植物が並び、観光客をも圧倒されるような果てしなく広がる緑を体感できます。クラウド・フォレストの静かに流れる滝から、光を放つスーパーツリーまで、ガーデン・バイ・ザ・ベイでは見逃せない体験が満載です。

5.カルチャー

シンガポール文化は多くの少数民族の影響から成り立っています。様々な宗教信仰する多種多様な国籍の人々は、互いに寄り添って暮らしています。全体で共通していることは、清潔さを保つことと敬意を持つことです。チューインガムやポイ捨てなどに対する厳格なルールや重い刑罰があるからこそ、シンガポールが世界でも有数の清潔大国とされているのです。

6.清潔

前の項目で述べたように、シンガポールの清潔な環境を保つ行いは決して大げさではないのです。大都会の喧騒のイメージでゴミまみれの街並みを想像するとしたら、シンガポールの人は驚くでしょう。町中や公共交通機関のシステムは新しく、手放すことのできない抗菌ジェルでの手洗いももう必要と思わなくなるほどピカピカです。

7. ビーチ

シンガポールには合計7つのビーチが存在します。見た目がミステリアスな吊り橋のパラワンビーチから、シンガポールの海外のまるで写真のように美しいラザルス島まで、どこを選んでも魅力的なところばかりで贅沢な気分を味わうでしょう。日光浴をしたり、景色を楽しんだり、ビーチでバレーボールをして、旅を満喫しましょう。

8. 最先端の流行

シンガポールと聞いて、ファッションが思い浮かぶ人はかなりのシンガポール通です。実はファッションにとても敏感な国で、ハジレーンのそばに位置する、以前料理店だった場所に、若手デザイナーが描くデザインが施されています。大きなショッピングモールと比べて、シンガポールの“オリジナルヒップスター街”はヴィンテージ物や、面白いプリント、奇抜なデザインが楽しめます。インスタ映えする街並みはいつでもシャッターを切る準備をしておきましょう。

9.アートサイエンス美術館

建築技術が垣間見れるシンガポールのアートサイエンスミュージアムは、一歩入ればアートとテクノロジーの融合がを体感できる美術館です。フューチャー・ワールド展は特に必見です。仮想空間が、自然、町、公園、宇宙の4つのテーマを元に来場者を未知の旅へ案内します。この4つの要素と共に放たれる美しい光とアートワークで魅惑される空間は、忘れられない体験となるはずです。

10. 常夏

1年中夏を楽しみたい人にとって、年間平均気温32度のシンガポールは最高の場所となるでしょう。厚手のタートルネックや、分厚いジャケットはすっかり忘れ去られ、年中Tシャツで過ごせるシンガポールでは日焼け姿が頭に焼きつくでしょう。

冬でも夏の気分を味わえる!常夏のシンガポールに留学!
GOニュースレターから最新の旅、言語、文化に関する情報をゲット。登録

全12言語、50都市以上で語学を学習しよう。

詳細はこちら