GO Blog | 留学・海外留学はEF
EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

フランス語を勉強するべき10の理由

フランス語を勉強するべき10の理由

フランス語といえば『美』と言う言葉が頭に浮かぶのではないでしょうか。デザートのクロワッサン、パン・オ・ショコラなどの響きはまるで天国のよう。何気ない物を表す言葉も、しく洗練されています。例えば、le bateau(ボート)。特別なことはない名詞でさえエキゾチックに聞こえてしまいます。今すぐにでも飛行機に飛び乗って1ヶ月の長期休暇をとってまでして行きたくさせるほど魅了されます。行く場所は、マルティニークなんてどうでしょう。

洗練さと透き通る美しさのほかに、フランス語学留学を通してフランス語を学するべき理由をご紹介します。

今こそフランス語を勉強すべき10の理由

(たくさんの)人との繋がり

偉大にしてこの世をさったネルソン・マンデラがかつて言った「相手が理解できる言語で話せば、相手の頭にその言葉は入っていく。相手の言葉で話したら、相手の心に届く。」この世界で300万人がフランス語を話し、つまりフランス語を話せば、この地球上で直接話せる人間が25人に1人という計算になる。フランス語は、29ヶ国で公用語となっており、第二言語として英語の次に学ばれている言語です。

それだけでなく、アフリカの増加する人口、そこに住む約50%に人がフランス語をネイティブレベルで話せるとして、2050年までに世界の700万人がフランス語を母国語とする人が存在することになります。同じ年、世界で最も話されている中国語のマンダリン、英語を抜く可能性があると、ある研究で明らかになりました。これで十分フランス語を自分のレパートリーに加える要素が揃いましたね。

駆け引きを上手くなろう(そして世界史の理解をしよう)

フランス語は、駆け引きの場で活躍します。欧州連合の内部で使われる言語の一つであり、欧州の司法裁判所の委員会審議で唯一使われる言語です、さらに国際連合の公用語として必須言語とされています。

歴史的重要性は、また計り知れず、特にアフリカなしでは語れないでしょう。アフリカは、フランス人とベルギー人の植民地主義者によるフランス語が使われた植民地時代と、フランス語圏傘下の民族グループは、切っても切れない関係にあります。フランス留学をすれば、文化的背景をよく理解するきっかけになるでしょう。それは、アフリカの歴史や文化をよく理解しなけれなばならない現実に興味を示す人にとって刺激的な見解になるはずです。

アートに触れる

学校で文学の授業や、アルベール・カミュやアレクサンドル・デュマなどのフランスのヒーローの話しを避けて通ることはまずないでしょう。特に19世紀のフランス文学は、テーマ、ライティングスタイル、文学の発展全体に絶大な影響を与えました。

ファッションについて、パリは、良い意味で、誰もが認めるファッションの都であります。スタイルとは何かと言うことを幾度となく定義してきた、または今でもし続けるシャネル、ルイ・ヴィトン、ディオールのようなファッション界の大御所が生まれた町なのです。フランス文学に精通し、至るところに存在する‘je ne sais quoi’(フレンチスタイルとは)に対する理解をしたいのであれば、まずフラン語を話すことから最初のステップを踏み出さなければならないでしょう。

愛の言語を話す

12世紀半ばのフランスでは、愛があっての結婚は存在しませんでした。結婚は、経済的且つ、社会的、そして宗教的に置かれた立場によるものであり、愛はまた別の愚像化視されてました。これこそが、伝統です。

吟遊詩人が誕生した言い伝えでした。ラブソングや詩でお城の領主や女性を楽しんでいました、これらは最終的に戦いから戻り、歌で女性に結婚を申し込む騎士や傭兵に影響を与えました。別名‘l’amour courtois’ または、求婚で知られ、この方法は、単純に興味を示すよりもむしろ複雑に意中の相手の心を掴む方法です。正しい‘En français’(フランス流)よりも素敵な求婚の方法はあるのでしょうか?

今、フランス語がアツイ!フランス留学の詳細はコチラ
GOニュースレターから最新の旅、言語、文化に関する情報をゲット。登録

全12言語、50都市以上で語学を学習しよう。

詳細はこちら