EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

英語のイディオム:知っていると超便利な表現20選!

英語のイディオム:知っていると超便利な表現20選!

ネイティブスピーカーは会話の中にこのイディオムを入れて話すことを好み、 本、 テレビ、 映画の中にも度々登場します。 英語をマスターしたいなら語学学習する上でとても大事になるイディオムを使って、 例えば、breaking a leg(幸運を祈る)とpulling someone’s leg(他人の邪魔をする)の違いを知ることで自信をつける必要があります。 語学留学中の方も、 これを使えば現地の人にも驚かれるかも!?

英語のイディオム-知っているとカッコいい、20個のフレーズ

1. UNDER THE WEATHER

意味:具合が悪い

使い方は?イギリスでは天候の話をよくします。だからといってこのフレーズを耳にしたら天候の話しをしていると勘違いしないでください。もし、誰かが”they’re feeling under the weather”と言っていたら、正しい答え方の例として”I hope you feel better!(訳:お大事に!)”と伝えましょう。間違っても”Would you like to borrow my umbrella?(訳:傘を貸しましょうか?)”なんて言わないように!

2. THE BALL IS IN YOUR COURT

意味:あなた次第

使い方は?てっきりスポーツを想像してしまうと思いますが、このイディオムは、人生に関わる意味を持つフレーズです。もし”ボール”が回ってきたら、決断をするのはあなた次第で、誰かがあなたの決断を待っているという意味を表します。

3. SPILL THE BEANS

意味:秘密を漏らす

使い方は?もし、あなたが友人は誰かのサプライズパーティを話してしまったら、”spilled the beans”(訳:秘密を漏らす)、または”let the cat out of the bag(訳:秘密が漏れてしまう)”ということになります。

4. BREAK A LEG

意味:幸運を祈る

使い方は?このイディオムは決してあなたを脅しているわけではありません。”Break a leg!”は幸運がくるように応援するという意味です。このイディオムの根源には、劇場でパフォーマンスをする人が成功を納めたとき、何度もお辞儀をするためショーのあと足が壊れるという話しがあります。そのため”足が壊れる”ことは成功の証という意味を持っているのです。

5. PULL SOMEONE’S LEG

意味:悪ふざけをする

使い方は?このフレーズは、ちょっかいを出すのが好きな人にはベストの英語イディオムです。”Pull their leg”は”wind someone up(訳:怒らせる)”に似ています。例えば、”Relax, I’m just pulling your leg!(訳:落ち着いて、ただふざけただけだよ!)”や、”Wait, are you pulling my leg?(訳:ちょっと、ふざけてるの?)”

6. SAT ON THE FENCE

意味:決められない

使い方は?この意味は、2者選択を迫られたときに、どちらの意見に賛同したらいいか決められないときに使われます。例えば、”I’m on the fence about hot yoga classes.”と言ったら”ホットヨガを楽しめるかわからない”という意味を表します。

7. THROUGH THICK AND THIN

意味:どんなことがあっても忠実である

使い方は?家族や親友に対する内容でよく使うイディオムです。”through thick and thin”と言ったら、悪いことから良いものを通してどんなことがあってもお互いの側にいるという意味になります。

8. ONCE IN A BLUE MOON

意味:滅多にない、まれである

使い方は?このチャーミングなフレーズはあまり起こらない出来事に対して使われるます。例えば、”I remember to call my parents from my study abroad trip once in a blue moon.(訳:極まれに留学先から両親に電話しなきゃと思い出す。)”

9. IT’S THE BEST THING SINCE SLICED BREAD

意味:すごくすごく良い

使い方は?スライスされたパンは、イギリスの生活で革命を起こした違いありません。それは、そのパンが画期的なものに使われていたからです。紅茶同様に好きな人が多く存在しますよね。

10. TAKE IT WITH A PINCH OF SALT

意味:鵜呑みにしない

使い方は?I heard that elephants can fly now, but Sam often makes up stories so I take everything he says with a pinch of salt.(訳:象は飛べると聞いたことがあるけど、サムはたまにストーリーを盛ることがあるから彼の言っていることは鵜呑みにしないことにしているよ。)”

11. COME RAIN OR SHINE

意味:何があっても

使い方は?何か起きそうな状況や天気が心配でもやり通すことを意味します。例えば、”I’ll be at your football game, come rain or shine(訳:何がなんでもサッカーの試合に行く。)”

12. GO DOWN IN FLAMES

意味:見事に失敗する

使い方は?このフレーズはとてもわかりやすいでしょう。”That exam went down in flames, I should have learned my English idioms.(訳:試験は見事に失敗した。もっと英語のイディオムを勉強するべきだった。)”

13. YOU CAN SAY THAT AGAIN

意味:事実である

使い方は?一般的に同意するシーンで強調するときに使います。例えば”Ryan Reynolds is gorgeous(訳:ライアン・レイノールズは素敵!)”と友人が言ったら、こう答えてはいかがでしょう? ‘You can say that again!(訳:それ本当だよね!)”

14. SEE EYE TO EYE

意味:完全に意見が一致

使い方は?目を見つめ合う、というわけではありません。目と目を合わすことは、言いたいことが一致するという意味で、この言い方をします。

15. JUMP ON THE BANDWAGON

意味:流行に乗る

使い方は?人が何か人気のあるものまたは、行動を追いかけるときのは、ただそれがかっこいいからではないでしょうか。ブランチをテーマにした例を見ましょう。”She doesn’t even like avocado on toast. She’s just jumping on the bandwagon.(訳:彼女はトーストにアボカドをのせるのが嫌いだけど、流行りにのりたいだけみたい。)”

16. AS RIGHT AS RAIN

意味:完璧

使い方は?こちらはもう一つの天気を使ったイディオムですが、少し前のより変わっています。私達は雨のとき愚痴をこぼしますが、”right as rain”はポジティブな意味を持ちます。例えば、”I’m as right as rain!(訳:完璧!)”のような全て順調なときに歓喜するシーンに使われます。

17. BEAT AROUND THE BUSH

意味:言いたいことを避ける

使い方は?“Beating around the bush”は特に意味のない話しをするとき、それについて何か思うことや、本音の意見を求められたくないときに使います。

18. HIT THE SACK

意味:ベッドに行く

使い方は?このイディオムは非常に簡単に使えます。例を見てみましょう。”I’m exhausted, it’s time for me to hit the sack!(訳:疲れた。ベッドに行かないと。)”

19. MISS THE BOAT

意味:遅すぎる

使い方は?チャンスまたは締め切りを逃したときに使います。”I forgot to apply for that study abroad program, now I’ve missed the boat.(訳:留学プログラムの申し込みを忘れた。すでに遅い。)”

20. BY THE SKIN OF YOUR TEETH

意味:かろうじて

使い方は?“Phew, I passed that exam by the skin of my teeth!(訳:ギリギリで試験合格した!)”できれば、楽に試験を合格したいけど、楽ではなかったときにこのイディオムが使えます。

 

いかがでしたか?英語留学中、もしくはこれからする方日常英会話でも使える機会がたくさんあると思うので、毎日の英語学習にイディオムの暗記を取り入れてみると良いかもしれませんね!これで一歩、ネイティブの英会話に近づくかも!

将来の留学プランをたてよう!留学無料相談

世界に飛び出し語学留学をしよう。

詳細はこちら