EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

早く英語力をあげる勉強法とは?【10選】

早く英語力をあげる勉強法とは?【10選】

様々な外国語の中でも英語は楽しく、学校でも習うため、手が付けやすい外国語として親しまれています。

しかし、いざ本気で学習し始めると750,000語という単語数と上級者でも頭を抱えるスペルがあるだけで手っ取り早くマスターするのは難しいように感じてしまう人も多いはず。実は、学び方次第で実は簡単にマスターできるのです。

早速、簡単に素早く英語学習する勉強方法をご紹介しましょう。

  1. 日常に溢れる英語を全て読む

本、新聞、ウェブサイト、メール、SNSのフィード、シリアルの箱など、英語で書かれてるもの全てを読むこと。なぜならそこには山ほどの新しい単語が隠れているからです。もちろんすでに習得した単語を復習することも重要。この方法を使えば、継続的に上達でき、覚えた単語をいろんな文脈、実例として見ることができます。それはあなたの頭の中に単語を叩き込みやすくします。一方で、新しい単語や語句を覚える際は、単語の引き出しを持っておく必要があります。特に単語数の多い英語はマストです!しかし、ただ読んで進むだけでは意味がありません。次にすることは…

  1. 新単語は積極的にノートに書き留めよう

これはデジタル時代でも有効活用できる唯一の英語アナログ勉強方法です。単語の習得はフレーズで覚える方が忘れにくく、よりスムーズに覚えられます。しかし、全部がそうとは限りません。まずは、お気に入りのノートを常に持ち歩くか、Evernoteのようなツールを使うくせをつけましょう。新しい単語や語句を耳にしたり読んだら文脈ごとノートに書き留めましょう。その際意味や例文を一緒に書き留めましょう。この作業によって、”この意味覚えたのに忘れた”なんて無駄に調べる時間を省くことができます。

  1. 実際に人と話そう

会話をしない語学は意味がありません。それに私達人間は口を開けば誰かと会話ができるエキスパートです。しかし、いざと言う時に外国語を話せと、読解やライティング以上に記憶を残します。よく”わかるけど英語は話せない”と言う言葉を耳にしませんか?話せるはずのイングリッシュラーナーは絶好の機会を強固なバリアで自信を失ってしまっています。誰でもそれは避けたいはず。コースへ参加したり、オンラインクラスで、気軽に交流できるネイティブスピーカーを探して話しましょう。

  1. ポッドキャスト&ユーチューブチャンネルの登録(英語のみ)

エンタメ?政治?ブログ?料理?興味のある内容をテーマにした英語のポッドキャストやユーチューブを活用してみましょう。いくつか登録して運転中に聞いたり、通学または通勤途中で観ることで、最初は難しいネイティブのアクセントに慣れないかもしれませんが、続けていけば理解できるようになっていきます(さらに新しい単語もネイティブの言葉で学べる絶好のチャンスです)

  1. 海外へ行こう

英語圏の国に移住し英語を学ぶ以上に最適な方法はないと言ってもいいでしょう!英語は世界で最も話されている言語であり、数ある国の中から、気候、好みの場所など学習環境を選ぶことができます。例えば、オーストラリアニュージーランドイギリスアメリカカナダ南アフリカ…例にあげるとキリがないほど存在します!

  1. 友達に頼ろう

友人の中に英語でSNSを投稿してる人はいませんか?見つけたらフィードから外すのは禁物!彼らがシェアしてるものをスキャンして、1日または2日おきに検索することをおすすめします。ニュース、雑誌記事、動画、会話、ブログ、音楽などなんでも。英語且つ興味のあるトピックであれば、より効果的です!

  1. たくさん質問しよう

好奇心は身を滅ぼすということわざがありますが、それでも流暢に話すための好奇心を消すのは難しいはず!英語学習はわからないことだらけです。そのままにせず好奇心を持って、解決しましょう!コースへ参加してる人は、先生に聞きましょう(そのための先生です)。独学の人でも安心してください。ブログやウェブサイト、他の学習者や、掲示板などで答えを見つけることができます。調べることであとが楽になるはず!

  1. スターから学ぶ

お気に入りの海外俳優や歌手からも英語を学ぶこと可能です!インターネットに掲載されている彼らのインタビューを見つけて観ましょう!まずは流し見で、そのあと気になった言い回しや単語を時間をかけてノートに書き留めていきましょう。スラング、ストーリー、冗談、小話などインタビューから繰り出される言葉は全てが教科書!

  1. 必要なものから手をつけよう

英語学習は常にやる気を思い出すことで学習スピードも上がります。交換留学であれば、今学んでいる内容に関係する単語に集中しましょう。海外のカンファレンスに参加する場合、他の参加者の人達と話す技術を磨きましょう。ギャップイヤーであれば、旅行用の単語が役に立つはず。または一気に全てを魔法のように習得することを求めて英語を始めてしまうと、混乱して燃え尽きてしまうかもしれません。

  1. 塞ぎ込む暇はない

英語を学び始めるとつまづくことがあります。これは多くの人が打ち当たる壁です。しかし、”英語を話せない”や”わからない”と英語で言わないようにしましょう。むしろ絶対に覚えてはいけないフレーズです!成長過程を無視して英語を上手くなろうとするのは不可能です。常に”英語を学んで日々上達してる”や”簡単ではないけどそういうもの”や”6ヶ月前に比べて成長した”などプラスの英語フレーズを使うように心がけましょう。

EFで英語留学しよう

海外留学を考えてませんか?無料資料請求

語学留学に興味がありますか?今すぐ無料資料請求。

詳細はこちら