トロント留学体験談

2019年の夏休みに、カナダ・トロントに5週間留学をされました、たなかはるきさんにトロント留学体験談を伺いました!トロント留学で得た、世界への関心

 

Q1:留学をしようと思ったきっかけ・理由は?

自分が大学の英語学科に所属していて、1度は留学をしないといけないなと思い留学を決心しました。

留学をしたいという自発的な意思ではなく、周りに留学をしている人が多かったから自分もしなくてはと思ったのがきっかけです。だから、正直なところ出発直前まであまり乗り気ではありませんでした。

Q2:EFに決めていただいたきっかけは何ですか?

初めは大学の留学システムを利用しようと思いましたが、その時には申し込み期間が終わっていて、大学の国際センターという所で相談をしたところ、EFを勧められたのがきっかけです。また、世界の色々な国にEFの学校があり、選択肢がたくさんあるところに惹かれました。

Q3:留学前の語学のレベルと卒業時の語学のレベルは? 帰国後に向上したと実感したスキルがあれば合わせて教えて下さい。

大学の英語学科なので、ある程度の語彙力、文法力は持っていたのですが、英語を使ってのコミュニケーションには不慣れで、抵抗がありました。しかしこの留学を通して、臆せず英語を用いてコミュニケーションをできるようになり、自分が今持つ英語力で伝えたいことを伝えれるようになりました。英語力がついたと言うよりは、とにかく積極的に英語を使っていくことの大切さを学びました。

Q4:出発前にどのような準備をしましたか?知っておけば良かった情報等ありますか?

まず、海外では携帯が使えなくなるから、ポケットWiFiを借りたり、SIMカードを買ったりした方が良い。そして、現地の気候を自分でしっかり調べて、適切な服装を持っていくようにし、多く持っていくよりは少なめに持っていく方が良い。お出かけ用の小さいバッグを持っていくと、外出時に便利。自分が泊まったホストファミリーの家は土足禁止だったので、スリッパを持っていけば良かったと思った。それと、ホストファミリーから家の合鍵を渡されるから、失くさないようにキーケース等を持っていった方が良い。

Q5:クラスの雰囲気やクラスメートの国籍を教えて下さい。

自分が留学した5週間の内、最初の1~2週間はフランス、メキシコ、イタリア出身のクラスメートがたくさんいて、皆明るく、フレンドリーだったので、楽しみながら授業を受けることができました。皆、自分から発表、質問をして、その姿勢に自分も刺激され、積極的に授業に参加することができました。留学の終わりがけになるとクラスメートに日本人が増えて、英語を使う機会が少し減ってしまいました。授業も最初と比べて少し静かになったかなと感じました。

Q6:お気に入りのSPIN(特別選択科目)は何ですか?

とにかく自分は英語に慣れようと思い、コミュニケーションコースを選択しました。授業では、グループになって授業のトピックに沿ったお題について、コミュニケーションをする流れでした。会話をしていくうちに、お互いのことについて知ることができるし、大変有意義な授業だったと感じました。友達もたくさんできました。

Q7:滞在先での様子やルームメイトについて教えて下さい。

自分のホストファミリーは、5人家族で、うち2人が小学生くらいのお子さんがいました。ホストファミリーとは、あまり交流はなかったです。ですが、大変親切に接してくれて、自分がミスをしても一切怒らず、優しく「次は気をつけて」と言ってくれました。自分は2人部屋に泊まっていて、一緒に泊まったのはドイツ人の人でした。他の部屋にも台湾人やトルコ人、アフリカ人もいて、色々な話をきくことができました。ほぼ毎日晩ご飯を一緒に食べて、ワイワイしながら話す時間が本当に楽しかったです。分からないことがあったらルームメイトがすぐに助けてくれたので、助かりました。週末一緒に遊びにも行ったし、たくさんの思い出をつくりました。

Q8:滞在先から学校までのおよその所要時間および、交通手段を教えて下さい。

学校までの距離がかなり遠く、70分ほどかかりました。手段はバス、地下鉄、ストリートカーでした。

Q9:放課後や週末の過ごし方を教えて下さい。

初めの方は、1人で町中を回ってどんな店や遊び場があるかを見て回りました。あらかた調べた後、友達を誘って、たくさんの観光地に遊びに行きました。近くの観光地を行き尽くした後は、大体ショッピングモールに行ってました。映画館もあったので、良い時間つぶしになりました。時々、スクールアクティビティでビーチバレーがあったので、それに参加していました。とにかく放課後すぐに帰るのはもったいないと思い、色んな所に訪れました。

週末は事前にスクールアクティビティにある旅行を調べて、遊びに行きました。大変有名な観光スポットに行くことができたし、良い思い出を作ることができました。全ての週末を使って旅行に行ったので、結構お金を使いました。

Q10:EFトロント校の現地サポートはいかがでしたか?

自分が質問したら、優しく答えてくれたし、聞き取れなかったら、聞き取れるまで何回も言い直してくれました。自分から聞かなくても、大丈夫?と声をかけてくれて、とても親切に対応してくれました。またオススメの観光スポットをたくさん知っているので、情報を得ることができました。

Q11:日本とトロントで大きく面白い、興味深いと思った点は何ですか?

トロントの人は良い意味でも悪い意味でも皆気ままな人だなと思いました。日本人は集団意識を重要視して自分のことを後回しにする事が多いと思いますが、海外の人は自分の意思に対して忠実に行動していると感じました。自己表現をしっかりしていて、臆せず積極的に行動している姿が1番印象的でした。海外の人は、日本人は自己表現が下手で、よくわからないと考える人がとても多かったです。

また、人を楽しませようとするエンターテインメントが充実していると感じました。路上で歌を歌っている人、広場でスゴ技を披露している人がたくさんいて、よくそれを見て楽しんでいました。エンターテインメント精神が海外の人にはあるなと感じました。

Q12:トロント留学を通じてご自身で変わったと思う事、役に立っていると感じる経験やスキル、留学に行かないと養われないもの、ことを教えて下さい。

自分は海外に対してあまり興味がなく、日本にいればそれでいいと思っていました。しかし、海外での経験を通して、こんなにも自分の知らないことがたくさんあるんだな、と自分の世界観の狭さを痛感しました。これを知らずに生きるのは勿体ないと思い海外に限らず、今まで興味のなかった政治や経済にも目を向ける事ができ、世の中のことに興味、関心を抱くことができました。それによって物事の考え方が少しだけ豊かになっているのを感じました。これからももっと世界のことを知り、豊かな考えを育んで行きいと思います。

Q13:これからトロント留学をお考えの皆様へメッセージをお願いします。

トロント留学は英語を学べる良き手段ですが、それ以上に貴重な体験をする事ができます。この経験は海外に行かないと得られないものばかりです。ぶっちゃけ基礎中の基礎だけの英語力しかなくても何とかなります。自分は周りがしているからという理由で、留学するのは本当に乗り気ではありませんでした。しかし、今では留学して本当に良かったと思います。留学には時間とお金がすごくかかりますが、それだけの将来的な価値は十分にあるので、ぜひとも留学してほしいです。