受動態を作る他の方法

動詞to beの場所に、動詞 to get や、動詞to have を置いて、形状が異なる、受動態の文章を作ることができます。これらの構文は、しばしば、私達のために誰か他の人に何かをして欲しいことや、私達のために誰か他の人を雇って何かをしてもらうことを述べます。行動を起こすのは主語ですが、彼は "してもらう"という行動をするのみです。名前のない人が、文の主動詞の行動に宛がわれます。文が受動の意味を持つ場合、二人目の人は明確ではありません。その行動をする人よりも、その行動の結果により興味があるのです。

  • I must get my hair cut.
  • I must have my hair cut.
  • When are you going to get that window mended?
  • We're having the house painted.

このタイプの構文では、特に時間の表現がされている場合、行動が終了することを述べています。

  • We'll get the work done as soon as possible.
  • I'll get those letters typed before lunchtime.
  • She said she'd have my lunch delivered by noon.
  • You should have your roof repaired before next winter.

動詞が望ましくない何かを指している場合、それは受動態と同じ意味です。

  • Jim had his car stolen last night.
  • Jim's car was stolen.
  • They had their roof blown off in the storm.
  • Their roof was blown off in the storm.
受動態の構文で "to need" を使う

受動態の意味を持つ能動態の構文でto need の後に動名詞を置くこともできます。これらの文章を用いる時、私達の気持ちの中で重要なのは、行動を起こす人ではなく、それを体験する人や物です。

  • The ceiling needs painting.
  • The ceiling needs to be painted.
  • My hair needs cutting.
  • My hair needs to be cut.
  • That faucet needs fixing.
  • That faucet needs to be fixed.