間接と直接話法 | 英語文法 | EF

間接と直接話法

彼/彼女は何と言ったか?という質問に対して2つの答え方があります:

  • 聞いた言葉を繰り返す (直接話法)
  • 聞いた言葉を報告する (間接話法).

直接話法

直接話法は、聞いた言葉を繰り返したり引用します。文書で直接話法を使う場合は、 その言葉を変えることなくそのまま引用符(" ")の間に置きます。今聞いた何かを報告したり、以前の会話を誰かに告げる場合に使えます。

  • She says, "What time will you be home?"
  • She said, "What time will you be home?" and I said, "I don't know! "
  • "There's a fly in my soup!" screamed Simone.
  • John said, "There's an elephant outside the window."

間接話法

間接話法は、一般に過去について話すときに使われますので、聞いた言葉の時制を変更します。伝達動詞 'say'、 'tell'、'ask'を使ったり、'that' を使って報告する言葉を導きます。引用符は使いません。

She said, "I saw him." (直接話法) = She said that she had seen him. (間接話法)

'That' は省略できます:
She told him that she was happy. = She told him she was happy.

'Say' と 'tell'

間接目的語がない場合は 'say' を使います:
He said that he was tired.

その言葉が誰に対して話されたのかを言う場合は 'tell' を使います(例、間接目的語がある):
He told me that he was tired.

'Talk' と 'speak'

これらの動詞は、会話している行動を述べるために使います:
He talked to us.
She was speaking on the telephone.

これらの動詞に'about' をつけて、何について話されたかを述べます:
He talked (to us) about his parents.