数量詞としてのEnough

名詞の前に置かれる場合、Enough は要求されるあるいは必要な量を示す数量詞として使え、肯定文にも否定文にも使えます。

  • There is enough bread for lunch.
  • She has enough money.
  • There are not enough apples for all of us.
  • I don't have enough sugar to make a cake.

enough程度を表す副詞 としても使え、その場合は名詞の前には置かれません。