未来の出来事を表す単純現在形

その発言が現在の事実に基いたもので、その事実が時間票や、スケジュール、カレンダーなどの決まり事である場合、今より後の出来事を述べるために単純現在形が使われます。

  • The plane arrives at 18.00 tomorrow.
  • She has a yoga class tomorrow morning.
  • The restaurant opens at 19.30 tonight.
  • Next Thursday at 14.00 there is an English exam.
  • The plane leaves in ten minutes.