仮定法現在形

形状

仮定法現在形は、'if'節の時制が単純現在形で、主節の時制は単純未来形です。

If 節 (条件) 主節 (結果)
If + 単純現在形 単純未来形
If this thing happens that thing will happen.

すべての条件文と同様に、文節の順序は決まっていません。文節の順序を変えると、代名詞を替え句読点を調節しなければならない場合がありますが、意味は同じです。

  • If it rains, you will get wet.
  • You will get wet if it rains.
  • If Sally is late again I will be mad.
  • I will be mad if Sally is late again.
  • If you don't hurry, you will miss the bus.
  • You will miss the bus if you don't hurry.

機能

仮定法現在形は、可能な条件に対する可能な結果を述べています。 これらの文章は事実に基き、現実の世界の特定の状況に関して述べるのに使われます。こうした文章は警告を与えるのによく使われます。仮定法現在形では、 現在あるいは未来 を指し、実際の状況を述べます。

  • If I have time, I'll finish that letter.
  • What will you do if you miss the plane?
  • Nobody will notice if you make a mistake.
  • If you drop that glass, it will break.
  • If you don't drop the gun, I'll shoot!
  • If you don't leave, I'll call the police.

仮定法現在形の文章は、結果に対する確信、承認や推薦の度合いを表現するために、未来形ではなく叙法を使うこともできます。

  • If you drop that glass, it might break.
  • I may finish that letter if I have time.
  • If he calls you, you should go.
  • If you buy my school supplies for me, I will be able to go to the park.