非現実を表す過去形

英語の過去時制は、非現実の状況を述べる時があります。ですから動詞の時制は過去でも、現実に起こらなかった ことを述べています。これは今やいつかに存在したかもしれないという仮想の状況を述べる時の条件文で、しばしば使われます。この過去時制の使い方を "非現実を表す過去形"と言います。

 

非現実を表す過去形は、条件詞、if, supposing, if only, what ifといった表現、動詞to wishI'd ratherの表現の後に用いられます。

条件詞と表現

その条件が想像上のものであることを示すために、仮説を導くif, supposing, if only, what ifという表現を使い、その後に単純過去形を続けることが出来ます。

  • Supposing an elephant and a mouse fell in love.
  • What if we painted the room yellow?
  • If you went to the movies, I would babysit.
  • If only I had more money, I could go to the movies too.

これらの表現の後に過去完了を置いて、過去における仮説を述べることもできます。

  • If only I hadn't kissed the frog.
  • What if the elephant had stepped on my phone?
  • Supposing I had given that man my money.

願望

動詞 to wish を非現実を表す過去形と共に使い、満足していなが変えることが出来ない現在の状況を述べることができます。

  • I wish I had more money.
  • She wishes she was beautiful.
  • We wish we could come to your party.

満足していない過去の状況や、後悔する過去の出来事を述べる時、動詞to wishの後に過去完了を使います。

  • I wish I hadn't said that.
  • He wishes he hadn't bought the car.
  • I wish I had taken that job in New York.

状況に満足できず、それを誰かに変えて欲しい時は、to wishの後にwould + 不定詞を続けます。

  • I wish he would stop smoking.
  • I wish you would go away.
  • I wish you wouldn't squeeze the toothpaste from the middle!

"I'd rather"と "It's time"を使って表現する好み

I'd ratherit's time の後にも単純過去形が使われます。動詞は過去形ですが、状況は現在です。誰か他の人に行動をとって欲しい時にI'd rather + 過去形を用います。

  • I'd rather you went.
  • He'd rather you called the police.
  • I'd rather you didn't hunt elephants.

この文章では、私達の好みが何なのかを示すために、強調することが重要になります。

  • I'd rather you went. (私の代わりに)
  • I'd rather you went. (言う代わりに)
  • He'd rather you called the police. (私の代わりに)
  • He'd rather you called the police. (消防士ではなく)

同様に、私達や他の誰かにとって、今が何かをする適切な瞬間であると言いたい時には、 it's time + 過去形を用います。

  • It's time you paid that bill.
  • It's time I went home.
  • Don't you think it's time you had a haircut?