英語で形容詞を使う

英語の形容詞は不変で、名詞の性別や数によて変わることはありません。

  • This is a hot potato.
  • Those are some hot potatoes.

形容詞の意味を強調するには、副詞のveryreally を強調したい形容詞の前に置きます。

  • This is a very hot potato
  • Those are some really hot potatoes.

英語の形容詞は、一般にそれが修飾する名詞の前に来ます。

  • The beautiful girl ignored me.
  • The fast red car drove away.

また形容詞は、to beto seemto look & to tasteなどのbe動詞や知覚動詞の後に現れます。

  • Italy is beautiful.
  • I don't think she seems nice at all.
  • You look tired.
  • This meat tastes funny.

例外

形容詞は定型表現の中で名詞の後に現れることもあります。

  • The Princess Royal is visiting Oxford today.
  • The President elect made a speech last night.
  • He received a court martial the following week.

involved, present & concernedの形容詞は、それが修飾する名詞の前後に来る場合がありますが、それが置かれる場所によって意味が異なります。

名詞の後に置かれる形容詞 意味 名詞の前に置かれる形容詞 意味
I want to see the people involved. 私は、この事態に関係ある人々に会いたい。 It was an involved discussion. この討論は、細部に渡る複雑なものである。
Here is a list of the people present at the meeting. これは、この会議に出席した人のリストです。 The present situation is not sustainable. 現在の状況は、持続できるものではない。
I need to see the man concerned by this accusation. 私は、責任を問われている男性に会う必要がある。 A concerned father came to see me today. 心配した父親が、今日私に会いに来た。