EF EPI – よくあるご質問

EF EPIとは?

EF EPI英語能力指数は、世界最大の成人の英語能力ランキングです。毎年発行されるこの指数は、国および地域際的な成人の英語能力を比較するための重要な指標となっています。この報告書は、英語教育でよく陥る落とし穴を顕在化し、英語力能力を向上させる効果的な戦略を浮かび上がらせます。

この指標はどのような方法で算出されているのですか?

EF EPIは毎年、数十万人という受験者のテスト結果から構成されています。対象国毎にEF EPIスコアを出すために、各テストは設問の合計数を元に割合を算出できるよう標準化されています。その国および地域のスコアのすべてを、異なるバージョンのEF標準英語テスト(EF SET)から平均を取り比較検討します。

EF SETは、リスニングとリーディングを客観的に採点する試験で、根拠に基づいた心理統計的分析に基づき開発をされたテストです。テストは受験者のリーディングとリスニング能力を、ヨーロッパ共通言語参照枠によって設けられている6つのレベルに区分できるよう設計されています。2つの相互関係にある調査によると、EF SETはTOEFLやIELTSなど従来のテストと同様の信頼性があることが判明しています。

どんな人が受験しているのですか?

本年度の EF EPI は、世界 80 カ国および地域と地域の18 歳以上の成人のテスト結果が対象となり、平均年齢は 26 歳、男女比は半々で、90% 以上が EF 生徒以外です。

EF EPIはその国および地域の英語能力を正確に反映できていると言えますか?

この指標で表されている受験者は任意で受験した人々であり、その国および地域全体のレベルを代表するわけではありません。これから英語を勉強したいと思っている人、あるいは自分の英語力を知りたいと思っている人だけがこの試験を受けているので、一般人口よりも高いまたは低いスコア結果になっている可能性があります。

さらに、この試験はインターネット上で行われているため、インターネットにアクセスできない人、オンラインでの申し込みができない人は含まれていません。インターネットの使用率が低い国および地域の結果では、このような受験者の除外による影響を大きく受けていると考えられます。このようなサンプリングのバイアスは、低所得や教育を受けていない、劣悪環境にいる人々を含む一般人口の平均スコアよりも高くする傾向があります。

なぜ私の国および地域は含まれていないのでしょう?

この指数には、受験者数が400人以上いた国および地域だけが含まれています。残念ながら全ての国および地域がこの必要受験者数を満たしているわけではありません。前回のEF EPIレポートには含まれていない国も、今回何ヶ国および地域か追加することができましたが、今後もさらに広い範囲の地域を研究できるよう、この試験を拡大していきたいと考えています。

EF EPIの実データを共有してもらえますか?

EFは第三者機関と研究を進めたいとは考えていますが、残念ながら現時点では共同研究に使用できる形式でデータを用意できておりません。

EF EPI、EF EPI-c、とEF EPI-sの違いは?

EF EPIは成人の英語能力指数とその世界ランキングです。EF EPI-c はプロフェッショナル、EF EPI-s は高校生のテスト結果による調査です。

EF EPI, EF EPI-c, とEF EPI-sの違いはなんですか?

EF EPIは、国および地域別の成人の英語能力ランキングです。それに対して、EF EPI-cは企業など社会人の英語能力指数であり、EF EPI-sは主に高校生や大学生の英語能力指数となっています。

EF EPI よくあるご質問