ヨーロッパ

EF EPI 平均: 550 人口: 747,182,751 1人当たりの国民総所得: $31,351.99

共通言語を通じた相互連結へ

平和推進のための理想主義的なフォーラムから始まった欧州 連合は、共通言語によって政治的、経済的に世界で最も強固 に統合された連合へと進化しています。

ヨーロッパは他の地域に大差を付けて英語 能力が最も高く、EUとシェンゲン圏諸国だけ を抜粋した地域平均で比較するとその差は さらに大きくなります。この成功は各国の教 育行政機関とEUが数十年に渡って実施して きた多言語使用を推進する取り組みの成果 といえるでしょう。スピーディで容易なコミュ ニケーションがヨーロッパ人同士の結びつ きを強め、交換留学、旅行、国境を越えた仕 事も同様にヨーロッパ人同士の結びつきを 強めています。世界的に広がりつつある国家 主義がEUプロジェクトの障害となっていま すが、これに対抗するヨーロッパの結合力は 強健です。

足並みを揃えて

最も英語能力の高い国々はスカンジナビア半島に集中していますが、地域全体としても。英語能力の高いこれらの国の学校制度では、コミュニケーションスキル習得への早期の取り組みや、教室内外での日常的な英語への接触、また専門学校、大学を問わず最終学習フェーズでのキャリアに特化した言語指導など、いくつもの戦略的な重点施策が実践されています。EUの強固なデータ収集と情報共有のネットワークも同盟諸国に最善の施策を広める助けとなっています。

多くの英語コースは期間が短すぎたり、難易度が低すぎて効果的でない場合も見られますが、ヨーロッパでは企業や政府が出資する成人研修プログラムも充実しています。今後は、転職の際にスキルを担保するクレデンシャルとして一般に認知された外部の認証制度を設けることで、中高年の英語学習を後押し、ヨーロッパ地域の英語能力をさらに伸ばすことができると考えられます。

100か国および地域中1位 オランダ

能力レベル: 非常に高い
EF EPI スコア: 652.00

100か国および地域中8位 ドイツ

能力レベル: 非常に高い
EF EPI スコア: 616.00

100か国および地域中28位 フランス

能力レベル: 高い
EF EPI スコア: 559.00

精彩を欠く同盟諸国

ユーロ圏の4大経済国のうち、英語を上手に 話せるのはドイツだけです。フランス、スペ イン、イタリアは同盟内のほぼすべての他諸 国に遅れをとっており、この結果はこれまで のEF EPI全版に共通しています。この3か国 の中で、過去3年に一貫したな向上を見せた のはフランスだけです。最近の政府レポート によると、15歳の時点で、「大体正しい」英語 でいくつかの文章を繋ぐことができたフラ ンス人は全体のわずか4分の1で、フランス では一貫した、新たな教育改革が発表され ています。

イタリアとスペインは特に若年層の高い失業率に苦しんでおり、ヨーロッパの他地域と迅速かつ円滑にコミュニケーションをとることで創出されるであろう新しい経済機会を切実に必要としているため、この英語能力の差は特に懸念されます。

東は西に追い付かず

ヨーロッパ大陸の縁辺諸国では英語スキルが依然として遅れています。トルコではEU参加の夢が消えつつある中、英語能力が過去5年間下降を続けており(今年度はやや向上)、優先順位が英語から他に移っています。学校の英語指導では実践的なコミュニケーションスキルよりも文法や翻訳が重点的に取り扱われており、授業の大部分でトルコ語が使用されています。また一部授業を英語で行っていたような数百校のエリート高校は政治的な理由で閉校されました。湾岸諸国と同様、トルコの高校を卒業した生徒たちの多くは英語能力レベルが低く大学で学位を取得できないため、大学に入学する前に1年間の英語集中準備コースを受けなければなりません。

男女の差 (%)

世代間の差

  • 平均

他の地域

アジア

アジアで最も経済的に豊かな国々でさえ、職場外における成人教育への資金投資ではヨーロッパに遅れを取っています。

プロフィールを見る

中南米

数年間の停滞ののち、南米では英語能力向上に向けた取り組 みが成果を上げ始めています。

プロフィールを見る

アフリカ

より高い英語能力が、海外投資家とアフリカのパートナーが透明性の高い契約を取り交わし、協力を円滑に進めるのに役立つでしょう。

プロフィールを見る

中東

多くの国々で、英語教育資源の普及の格差が問題となっています。

プロフィールを見る