カナダのワーキングホリデーとは?

カナダのワーキングホリデー

カナダのワーキングホリデーはメリットがたくさんあります。カナダのワーキングホリデーには年間6,500人の日本人枠があり、多くの方が参加しています。移民が多く外国人に寛容なカナダはワーホリにおすすめ!

 

ワーキングホリデー説明会

カナダワーキングホリデーの特徴

カナダのワーキングホリデービザは、期間が最大1年間と決まっているものの、その1年間の間継続して同じ雇用主の元で働くことができます。1年間のワーホリビザのうち、最長6か月間の就学も認められているので、最大で6か月間語学学校に通う事ができます。カナダ留学で英語力を磨きながら、放課後はアルバイトをすることも可能です。

公用語:カナダの公用語は英語とフランス語です。日常生活の中でも、2つの言語を目にする機会が多くあります。製品のラベルや原材料の表記、役所での手続きなど、2つの言語で対応しているので、飲み込みの早い方はフランス語も覚えてしまうかもしれません。

カナダの国際都市:カナダには幾つかの大都市がありますが、中でもワーキングホリデー先として人気が高いのは、バンクーバーやトロントです。カナダの西海岸に位置するバンクーバーは、世界で最も暮らしやすい都市の一つです。行政、銀行、病院、交通、学校などのインフラが整っており、治安や気候がよい点が魅力です。一方のトロントも、国際都市としてカナダの経済をリードしている活気のある街。トロントは様々な人種がミックスした異文化都市でもあり、チャイナタウン、リトルイタリー、LGBTフレンドリーなチャーチストリートなどがひしめきます。

カナダワーキングホリデーのお仕事探し

カナダのワーキングホリデーでは様々な仕事に就くことができます。最もポピュラーなのは飲食店でのお仕事で、日本食レストランやカフェなど、多くの求人が出ています。カナダでのワーホリの経験を、将来のキャリアに活かしたい方は、まず英語力をしっかりと身に着けましょう。ワーホリ後、次のキャリアにつなげるには、相当の英語力が必要です。EFではワーホリ中に英語力を磨けるプログラムをご用意しています。

 

EFのワーキングホリデー資料請求

 

カナダの物価

カナダの物価は平均すると日本と大きく変わらないようです。農産物や乳製品などの食品は、日本より若干安い傾向にあります。朝市やマーケットなどが各所で開かれており、量り売りしているところも多いので、無駄なく食料品を仕入れることができます。外食の場合は、会計時にチップを払う習慣があるため、日本よりも高く感じるかもしれません。現地に到着してから金銭面で困らないよう、予算は多めに見積もっておくと良いでしょう。

 

ワーキングホリデー費用のページ

 

EFトロント校、EFバンクーバー校ご紹介!

EFのトロント校、バンクーバー校、バンクーバー・アイランド校では、ワーキングホリデー向けのサポートを提供しています。EFのカナダ語学学校では、現地企業でのインターンシップやボランティアコースなど、ワーホリビザを最大活用したい方におすすめです。

現地校の様子はInstagramをご覧ください。国際色豊かなEFのキャンパスで、ワーキングホリデーに備えましょう!