フランスのワーキングホリデーとは?

フランスのワーキングホリデーは、日本語での情報源が少なく、情報収集に四苦八苦する人も多いでしょう。一番確実なのは、在日フランス大使館のウェブサイトで常に最新情報をチェックすること。同ウェブサイトによると、フランスのワーキングホリデービザは、応募用件を満たしてさえいれば、却下する心配がほぼ要らない確実なビザ。フランス語を学び、現地に長期間滞在したいと考える人にとって素晴らしいチャンスでしょう。ビザの延長はできないものの、ビザが切れるタイミングで出国し、再度入国をすれば、観光ビザで更に90日間滞在が可能。つまり、最大で“おおよそ1年3ヶ月間”フランスに滞在できるビザと考えてよいです。

EFのフランス語学学校とは?憧れのフランス生活を満喫しよう

EFのフランス留学では、パリ・ニースに語学学校を設けています。いずれもEFの直営校だから、カリキュラム・授業・講師の質を高いレベルに維持しています。語学学校に通うことで、フランスのワーキングホリデーを開始すると同時に、現地でのネットワーキングができるのでとっても効率的。さらに、EFではDELF・DALFの資格試験コースもご用意しています。帰国後にフランス語を使った仕事に就きたい、折角なのでフランス語の資格を取得したい。そのように考える方におすすめです。

フランスのワーホリに参加するのはどのような人たち?

フランスのワーキングホリデーは、日本人にとって非常にマイナーな選択肢です。ワーキングホリデー参加者の方の多くが、英語力向上を目的として英語圏に渡航する中、あえて英語圏ではなくフランスを選択される方は、とても目的意識の強い方が多い印象を受けます。たとえば、フランスの美術について学びたい方、フランスでパティシエになるための勉強をしたい方、とにかくフランス語を学びたい方などです。他の人とは異なる選択肢だからこそ、フランスのワーキングホリデーを成し遂げた時には、大きな成果が得られるでしょう。

フランスのワーキングホリデーで、思いきり異文化体験!

フランスのワーキングホリデーでは、折角の機会、現地生活にどっぷり浸かり、こよなく愛するフランス生活をとことん堪能したい。そう考える方が多いでしょう。EFでは、フランス語学習に留まらず、現地の文化を隈なく理解できるようなイベントも多数企画・催行しています。たとえば、スペインなど近隣国への小旅行。週末を利用して、EFのメンバーで団体旅行をします。効率的に観光できるだけでなく、留学生同士の親睦を深めるチャンスでもあります。また、ハロウィーン、クリスマスなどのパーティーも、フランス現地仕様のパーティーをとことん堪能できるように工夫されています。これらはいずれもEF生のみの特権です。語学学校の雰囲気を知りたい方へ、是非以下のページもご参照ください!