ドイツのワーキングホリデーとは?

ドイツのワーキングホリデーとは?

ドイツのワーキングホリデーは、ヨーロッパでの生活を体験してみたい日本人にとって、穴場の留学先とも言えるでしょう。ドイツのワーキングホリデーは、ビザの年間発給数に制限がないため、もっともビザが易しい選択肢の一つです。参加資格は18歳~30歳となっています(2015年現在)。ドイツ語を学びたい方はもちろん、ヨーロッパの生活を経験してみたい方には良い選択肢と言えそうです。

メリット1:物価がとにかく安い!コストを抑えて異文化体験をしたい方におすすめ!

海外に駐在する会社員に人気のサイト、Expatistanによると、ドイツの首都ベルリンで生活する場合、生活コストはロンドンよりも45%も低いとのことです。現地で生活をする場合、一般的にドイツでは肉が安く、魚の値段が高いようです(2015年現在)。ソーセージや肉類はドイツ料理に欠かせないので、その分価格も低めに設定されているようです。一方、チーズや野菜は一般的には日本よりも安いようです。これはドイツに限らず、他のヨーロッパ諸国にも同様のことが言えるでしょう。「ドイツ料理やヨーロッパ各国料理によく使う食材は価格が低く、魚類などは高い」という認識が一般的なようです。

一方、フランスやイタリアに比べると、ドイツの物価はまだまだ低いと言えるようです。特にベルリンはドイツの都市の中でも物価が低いため、留学費用を抑えたい人には絶好のチャンスかもしれません。

メリット2:EFなら留学生活開始と同時に、現地でのネットワークを大きく広げられる!

EFプログラムに参加する魅力の一つは、現地でのネットワークが大きく広がること。EFの語学コースには、同様に英語を学ぶ留学生・ワーホリで渡航している留学生が、本当に世界中から集まっています。そのため、EFプログラムで英語を学ぶことで、自然と現地での留学生同士のネットワークが広がっていきます。語学学校に通わない場合、現地でのネットワークはどうしても日本人に偏ってしまいがち。せっかくの海外生活で、外国人の仲間を沢山作りたい方には、EFがおすすめです!

EFプログラムに参加する魅力の一つは、現地でのネットワークが大きく広がること。EFの語学コースには、同様に英語を学ぶ留学生・ワーホリで渡航している留学生が、本当に世界中から集まっています。そのため、EFプログラムで英語を学ぶことで、自然と現地での留学生同士のネットワークが広がっていきます。語学学校に通わない場合、現地でのネットワークはどうしても日本人に偏ってしまいがち。せっかくの海外生活で、外国人の仲間を沢山作りたい方には、EFがおすすめです!

EFのドイツ留学プログラムでは、EFミュンヘン校・ベルリン校でドイツ語を学びます。いずれのEF校も、ユニークな企画・イベントが目白押し。ハロウィーンパーティーやビールフェス、ワインテイスティングなど、ヨーロッパを存分に満喫できるイベントを通じて、外国人のクラスメイトともぐっと仲良くなれるでしょう。

ドイツのワーキングホリデーで、EF語学学校もちょっといいかも!と思った方は以下もあわせてご確認ください!

メリット3:ドイツ・ワーキングホリデーでは、仕事の経験を積めるチャンスが多数。世界最先端のスタートアップ界隈を経験できるチャンス!

今、ベルリンは世界でもアメリカ・シリコンバレーに次ぐスタートアップ発祥地と言われています。2015年には、ベルリンのスタートアップの資金調達額はロンドンのそれを上回る結果となっていますし、ベルリンの賃料の低さもスタートアップ興隆に影響しているようです。そんなベルリンだからこそ、ドイツ・ワーキングホリデーでは仕事の経験を積むチャンスが多数。日本のマーケットを扱う求人も多数存在しているため、ワーキングホリデービザなら気軽に仕事を始めることができるでしょう。以下の記事もあわせてご確認ください。
ドイツ・ワーキングホリデーとはどのような制度?2016年、人気急上昇中のドイツ・ワーキングホリデーをご紹介!

ドイツで現地生活をしている先輩のおすすめブログ。ドイツ・ワーキングホリデーのイメトレに役立ちます!

ワーキングホリデー開始当初は、馴れない海外生活に加え、様々な手続きに追われ、本当に慌しい日々となるでしょう。ここでは、ドイツ生活を快適に送るために有意義なブログをご紹介します。

  • たびのーと : 著者AYUMIさんは、2015年よりイツ・ワーキングホリデーの制度を利用し、ベルリンをベースに活動されています。フリーランス、スタートアップで新しい働き方を実践中。海外就職の方法論やキャリア・働き方への考え方など、これからワーキングホリデーを検討される方にとって非常に参考になる情報が多数です!

  • 19歳のドイツ人ダーリンとわずか1日で恋に落ちて : 著者はるぼぼさんは、東京での会社員生活を経て、2015年にドイツ移住を決断。ドイツ人婚約者との国際恋愛についての記事や、ドイツでの生活、ドイツ移住を決断されるまでの葛藤など、同世代の読者の方にとって共感できる記事を多数執筆されています。

  • wsbi : 著者の方は、ベルリン在住のブロガー兼翻訳家。ワーキングホリデービザでドイツに移住されています。ドイツに限らず、海外移住に役立つ情報を多数発信されています!

  • YOUNG GERMANY : ワーキングホリデーに限らず、ドイツの生活情報を広く網羅したウェブサイト。ドイツへの留学・ワーホリを検討中の方にとって、非常に有意義な情報源です。