アイルランドのワーキングホリデー

日本人が少ない環境で暮らし、現地生活にどっぷり浸かりながら、異文化交流や語学力を身に着けたいという人は多いです。しかし大都市では日本人やアジア人同士で固まることも良く見受けられ、現地の生活に溶け込み切れないという意見も聞かれます。1年間という期限の中、ワーキングホリデーのメリットを最大限に受けられる国があります。それがアイルランドです。

アイルランドのワーキングホリデーの特徴

アイルランドのワーキングホリデーの特徴は、ビザの申請期間が決められており、ビザの支給数は年間で400名までと決まっています。そのため、アイルランドでワーホリを目指す方は、申請のタイミングを逃さないように気を付けてください。ビザの支給数が少ないため、日本人が少ない環境で英語にどっぷり浸かりたい方にはアイルランドが適しているでしょう。

アイルランド人はとてもフレンドリーで、パブやバス停で隣同士になると、初めて会う人なのに会話が弾みます。『陽気で気さくな現地の人との交流を通じて、気が付くと会話力が向上していた』という感想も聞かれるくらいアイルランドではお喋りする機会が豊富です。

豊かな自然と歴史が溢れているのもアイルランドの魅力です。周りを海に囲まれた島国ならではの自然と、独自の発達を遂げてきたゲール文化に触れたりと、日本では味わうことの出来ない体験ができます。ヨーロッパ大陸までも飛行機で1~2時間程度で行く事ができるので、週末や大型連休に足を延ばしてヨーロッパを旅行する人が多いです。

アイルランドでのお仕事探し

アイルランドの首都ダブリンは、人口の約3分の1が集まる都市で、レストランやホテル、旅行代理店など様々なビジネスが集まります。ワーキングホリデーで就労する方の多くは、飲食店やホテルのハウスキーピングなどが一般的のようですが、語学力に自信が付いてくると事務職や旅行代理店でのツアーガイド等のお仕事に就く方もいます。アイルランドでのお仕事探しは、お店やオフィスに飛び込み営業をするケースも多いようです。フレンドリーでタイトなコミュニティならではの特徴と言えるでしょう。

仕事探しの際は必ず、英文の履歴書、面接の練習など事前の準備を万全に行いましょう。EFのダブリン校では、常駐するキャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接の練習など、お仕事探しに必要なサポートを受けることができます。

ワーホリサポートも万全!EFのアイルランド(ダブリン)校

EFのダブリン校は、街の中心地に位置しており、トリニティ・カレッジや聖パトリック大聖堂など歴史的スポットまで徒歩圏内の好アクセス。校舎の中は、広々として学生ラウンジや、ゲームルーム、カフェテリアなどの施設が充実しています。校内のJOB CLUBではキャリアアドバイザによる面接の練習や履歴書の添削の他、掲示板には求人広告も貼り出されています。ワーキングホリデーでアイルランドに滞在する方にとって、心強い味方となるでしょう。