EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報

アメリカと日本の食文化の違い3つ

日本人にお馴染みの外国といえば「アメリカ」。映画や音楽、ファッションなど、今やアメリカの情報、習慣、モノ、そして、文化は、私たちの生活の中で「当たり前」の存在になっていますよね。

ですが、実際にアメリカ人が日本を訪れてみると多くのカルチャーショックに出くわし、ビックリしているようですよ。日本とアメリカの間には、一体、どのような違いがあるのでしょうか?

そこで、普段意識することがあまりない、アメリカと日本の食文化の違いについて紹介します!

1. パプリカ vs. パプリカ・パウダー

日本で「パプリカ」といえば、赤や黄色の色鮮やかな野菜として一般的に知られていますよね?色鮮やかなパプリカは、サラダやパスタなど様々な料理を華やかにしてくれる野菜のため、私たちの食卓にもよく登場するはず。ただ、アメリカ人にとってパプリカがそのまま出てくることはビックリなこと!

なぜなら、アメリカでパプリカといえば色付のために使用する「パプリカ・パウダー」が一般的なだから。日本のサラダボールには、どうしても衝撃が隠せないようです。

2. マヨネーズの使い方

サラダや和え物など、日本人が大好きな「マヨネーズ」。この「マヨネーズ」にも、どうやら驚きがあるようです!それは一体なんでしょう?実は、ほとんどのアメリカ人は、サンドイッチのトッピング材としてのみ、マヨネーズを使うため、サラダやパスタ、和え物など、様々な料理にマヨネーズを使う日本人にビックリのようです。

マヨネーズの容器に口を加えて美味しそうな表情を浮かべる日本人タレントをみた時は、電気が走るほどのショックがあったようですよ。

3. ピザは、コンビニおにぎり感覚!?

3つ目は、みなさんも大好きなピザについて。週末のホームパーティーや、ちょっとした集まりに欠かせないピザ!ピザは日本でも身近な存在ではありますが、アメリカ人に勝ることはできません。

アメリカ人にとってピザは、日本のコンビニで売っている「おにぎり」や「サンドイッチ」と同じような存在。お腹が空いたときに、サクッと食べたい国民食のようですよ。

 

今回は、アメリカと日本の食文化についての違いを3つ挙げましたが、上記以外にも、様々なカルチャーギャップがあるようです。みなさんの周りに、アメリカ人の友人がいれば、是非、それぞれの食文化について話をしてみましょう!

EFでアメリカ留学にチャレンジしよう!詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事General

ニュースレターを受け取る

毎月1度配信される、旅、言語、文化について最新のニュースレターを受け取りませんか。配信停止は随時可能です。

RSS

ご記入いただいたお客様の情報は、EFからお客様にご連絡する目的にのみ使用します。詳しくはEFのプライバシーポリシーもご覧ください。 EF プライバシー・ポリシー

ありがとうございます

配信リストへ追加されました。