EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

知っていると得!英語のサッカー用語集

知っていると得!英語のサッカー用語集

サッカーの誕生当初は、それは素晴らしい試合を私達に印象つけ、さらに試合を楽しむために知っておく必要のある専門用語やルールも面白いものです。まだサッカーのルールをよく知らない人のためによく使われる言葉をまとめました。

All ball

選手がボールをタックルしそうになるとき、または選手同士ではなく、ボールに近づいた時に使われます。

Back of the net

コメンテーターが愛用するワード、ラインを超えてネットを揺らすことを意味します。つまりゴールです。

Ball-to-hand

不注意でボールに手が触れたという主張が出された時に使われる言葉、フリーキックを保証するものではありません。

Bicycle kick

ジャンプしながら足を宙に浮かせ、正面と別方向へボールを送るためにペダリングのような姿勢でボールを打つ選手による動き。この言葉は『オーバーヘッドキック』とも呼ばれています。

Boot it

試合展開を変えるような強いボールを出すためにチームメイトに対して1人の選手が送るサイン。

Box-to-box player

試合で、ディフェンス、オフェンスの両サイドを巧みにこなす選手をこのように呼びます。例えば、ラジャ・ナインゴラン、ヤヤ・トゥーレ、パトリック・ヴィエラなどが挙げられます。

Brace

一試合で2ゴール決めた選手の活躍をこのように表現します。会話やコメンテーターは「Soring a brace(2ゴールきめる)」のように使います。

Chip shot

アーチ型に相手を超えてゴールするためにボールを下から蹴るショット。ライオネル・メッシがその代表です。

Class act

サッカーに対する姿勢や、マナーを賞賛されるべき選手またはマネージャーをこのように言います。

Clean sheet

チーム、ゴールキーパーが全試合負けなしで終えた時に与えられる賞賛の言葉。

Cleats

サッカー用のシューズの底にプラスチックやメタリックを押し付けること。また、シューズの一部となることもある。

Clinical finish

一流のV字型のショット。このショットでゴールをすることを、クリニカルフィニッシャーと呼びます。ルート・ファン・ニステルローイ、ハリー・ケーン、レオナルド・ルイス・ナザリオ・デ・リマなどがこのゴールを得意とします。

Cracker

長時間での息を飲むようなサッカー試合、または輝かしいゴールをこのように表現します。

Dive

試合中にファールを取るためにレフリーを騙すための選手による大げさなアピールをこのように言います。

Dummy run

ボールを流すことでチームメイトにスペースを作らせるためにオフェンスの選手がボールなしで走る動作と言います。かつてはボールに向けって走るふりをして相手にだましました。

Feint / Flip Flap

勢いをつけてドリブルしようとした向きと他の方向に向かってボールをドリブルしていくことを言います。この言葉は、蛇の敏感な行動に似ているためにスネークバイトとも言われています。

First-time ball

出されたパスをワンタッチで他のチームメイトにボールを回すことを言います。

Flick-on

ボールの起動が安定されない状態でパスがされ、オフェンスの選手が足または頭で流れてきたボールを打つ動き。

Game of two halves

試合の質と点数に大きな差がある2つのハーフ(前半・後半)で成り立っている試合の時のコメンテーターの決まり文句です。

Hairdryer treatment

マネージャーによる選手に対する説教をこのように表現します。多くは、控え室で行われ、前マンチェスターユナイテッドのマネージャー、アレックス・ファーガソンはその点非常に人気がありました。

Hard man

サッカーにおいて、タフで、体力勝負が長けていて、主張が強いスタイルで有名な選手をこのように表現します。ロイ・キーン、ジェナーロ・ガットゥーソ、グリーム・ソーネスがその代表です。

Hoof

意図的に相手ゴールに向かってボールを蹴ること。

Hospital ball

負傷を起こしかねない相手チームの2選手から手の届く所への無謀なパス。

Howler

試合のキーマンとなる、才能あるプレーをする選手が信じがたいミスをすること。

Hug the line

特に前方へドリブルする時に味方の選手をサイドラインに近づけるために走らせるサイン。

In his/her pocket

対戦相手から試合の支配権を握った選手をこのように表現します。

Line-o

サイドラインに配置されるアシスタントレフリーのニックネームの一つです。

Lost the dressing room

マネージャーが制御不能状態にになり、選手に対する敬意を失ってしまった状況を表す言葉です。

Man on

ボールを持ったチームメイトに、対戦相手が迫ってきている、または危機的状況にあることを大声で知らせることをこのように言います。

Midfield anchor

ディフェンスラインに近づいて、アタックを未然に防ぐ任務を課した信頼できるで守護の役割を果たすミッドフィルダーを言います。ダニエル・デ・ロッシ、マイケル・エッセン、ンゴロ・カンテがその代表です。

Minnows

限られた能力の下級リーグにいる小規模チームをこのように表現します。

Nutmeg

対戦相手の足の間を通してボールを蹴るまたは、パスをすること。

Off the line

ファールラインを超えてボールをクリアまたは、セーブすること。

On paper

予め出された統計、またはコンディションを元に予想されたシナリオ通りに試合が進むこと。

Park the bus

相手のゴールを防ぐための守備に徹したプレー。主にスコアボード縁で選手は守りに入ります。

Play on

レフリーが、理由もなく試合が中断されたと判断した後、ホイッスルを鳴らさないで試合を続行させる、状況的に判断が難しいことが多い。

Pea roller

デフェンスに邪魔されることなくボールが打たれ、ゆるい速度でゴールに流れること。

Poacher / Fox in the box

ペナルティーエリアで際どいプレーをする、ずる賢いストライカー。アンディ・コール、ミロスラヴ・クローズ、マリオ・ハルベルがその代表です。

Put in a shift

与えられた仕事の多い選手が、業界の人から相手にされないまたは、試合で手応えを見せることができない状況。

Row Z

ピッチから一番遠いをスタンドローのことを言います。大抵、選手がシュートをするとき、または強いボールを打った時に狙った場所を超えてスタンドへ高く飛んでいく時に使います。主に、どこぐらいボールが飛んで行ったかを示すときに大げさな表現として使われます。

Run it off

怪我のために試合続行が危うい選手をこのように表現します。

Sacked

解雇の別名。マネージャーが仕事を無くした時に使われます。

Showboat

得点を決めたシーンを総まとめされたVTR。選手の足技が試合中に出されたシーンも加えられることが多いです。

Sitter

非常に簡単に状況が変えられてしまったアタッカーによる信じられないミス。

Switch play

突然片サイドから反対側へボールが流れる方法。ロングパスがほとんどです。

Target man

空中戦が得意且つ、得点に持っていく時に有利となる、ボールクロス、ロングボール、高いパスでボールが集まる高身長のストライカー。ズルタン・イブロヒモビック、ディディエール、

Theatrical

選手の度を超えた動きをこのように表現します。

Treble

1シーズンで行われる三大会全て優勝することをこのように表現します。

(Hit the) woodwork

ゴールのサイドバーに当たってゴールを逃すこと。

 

海外留学をして英語力を高めよう!英語語学留学

記事をシェアする

最新記事言語