EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

遠距離恋愛を乗り越える11の方法

遠距離恋愛を乗り越える11の方法

遠距離恋愛は特に新生活が始まる春になると増える傾向にあるようです。 今までずっとお付き合いしていたカップルはもちろん、 春休みに行った旅行先や留学先で恋に落ちる人も多いこの時期。 日本へ帰国後、 物理的な距離に阻まれ感情をコントールできないというのは、 大きなチャレンジですよね。 遠距離恋愛では恋人はそばに居ませんから、 少し怠けることもありますが(部屋が少しくらい散らかっても気にしない等)、一時的な遠距離恋愛から本格的な遠距離恋愛に変わるとき、 決断力、努力、 そして時には楽天的になり小さなことは気にしないなど、 遠距離恋愛を成功に導く秘訣をお伝えします。

遠距離恋愛を成功へ導く秘訣

1.定期的に会話ができるタイミングを見つける

たとえ毎日メールやテキストをしても、時には声を聞いたり、すぐに返答が欲しくなることもあるでしょう。時差が少なければ、チャットで話せる時間を作ることができるかもしれません。しかし、日々の努力と、思わず相手が笑ってしまうようなビデオを送ったりすることで、なかなか合わない時間を補ってくれるかもしれません。

2.連絡を取り合えるベストな方法を見つけ出そう

話せるタイミングが掴めたら、2人の間で連絡を取るベストな方法を見つけましょう。今は幸い、世界中から連絡をとることは簡単でも費用も安価で済みます。Wi-fiのコネクションがあれば、スカイプやチャット、メールなど大抵のコミュニケーションは取れます。会話をする上でどのツールが最適か確認するといいでしょう。また、複数のツールを利用することでコミュニケーションがさらに楽しくなる点も是非忘れないでください。

3.クリエィティブになる

オーディオメッセージを録音したり、手紙やポストカードを送ったり、ささやかなプレゼントを送るなど様々あります。想像力を働かせて、誰がみても自分は相手想いであると思われるようなサプライズや何か新しい方法を見つけ出しましょう。それは、空で詩を書く為にわざわざ飛行機をチャーターするというようなお金をかけるという意味ではなく、例えば次回戻ったときにこっそり可愛らしいノートにポストイットにメッセージを添えて残しておくのはどうでしょうか?

4.時にはケンカもします

距離がある分、心配事や問題を無視することは簡単なことです。たとえ相手が違う言語を話す人でも同様です。どんな人であれ48時間しか一緒に居られる時間が残されていないのに、ケンカに時間を費やしたいと思わないでしょう。しかし、喧嘩を避けたり、意見交換から避けていると長い目で見ると良い結果へはつながらないでしょう。二人の関係に大きな障害ができる前に、面倒でも話し合いをすることが大切です。ただし、メールやテキストを通して喧嘩はしないでください。お互い意見交換をする時は電話を通して話し合うことは解決に繋がるはずです。

5.とにかく話し合おう

いつでもあなたの思いに正直、且つ、オープンにしていきましょう。その時誰といたか、土曜日の夜に一緒に過ごした相手は誰か、このような知らない事実は考え過ぎてしまったり無駄なパニックを起こすでしょう。ソーシャルメディアではあなたがどれほど楽しい週末を過ごしたか簡単にシェアできますが、あなたのパートナーに上手に伝わるでしょうか?あなたの考え、想っていることを共有できるほど信頼関係を築いたり、やきもちや、不安、またはその両方をうまく対処していくことはお互い信頼関係を大切にする上でとても重要なことです。

6.気楽に考えよう

遠距離恋愛の間、普通の生活を送っていても、喜びと悩みの両方が込み上げてくるはずです。例えば、仕事終わりに会ったり、週末にデートしたり、ごく普通のカップルがしている事が出来ず、何かを失ったように感じるかもしれません。しかし考えを変えると、それはあなた自身に集中できる大きなメリットと考えることもできます。例えば、もし勉強や仕事を長時間するとしたら、他のことで気をとられることなく作業ができ、ディナーのプランや映画などのあらゆる予定もキャンセルしなくて良いのです。

7.何気ない日常を一緒に楽しむ

年に何度か顔を合わせる機会があれば、まるで長期休暇のように感じるでしょう。なぜなら仕事や学校から休みを取って、その時間に彼と過ごす為に費やすからです。2人で家でリラックスしたり、昼寝をしたり、ブランチへ出かけたり、流行りのスポットへ出かけたり。しかし、日常の何気ないこと(家事や夕食の支度)をして過ごすのもまた大切です。何気ないことで楽しめることは二人の関係を確かめあえる機会ではないでしょうか。

8.次回はいつ会うのか決める

2人が会うために費やす時間やお金の額にもよりますが、遠距離恋愛の2人が会うことはかなり大変なことです。次はいつ会えるかわからないことほど、気持ちと人生設計を混乱させることはありませんよね。まず帰ったらできるだけ早く新たなデートプランを計画することがベストです。これは、先に計画が立てられるのと、早割りなどディスカウントを利用してチケットを予約したり、色々な計画を立てられます。それはまさに楽しみということは言うまでもありませんね!(サプライズで相手の元へ行くことも、とても素晴らしいことです。もちろんその後のプランも立てておくのも良いでしょう)

9.一緒に何かをする

どんな状況でも工夫次第で時間を共に過ごせます。たとえ同じ場所に同じ時間いなくても、一緒にできることはいくらでもあります。こんな時はビデオ電話に感謝しましょう。ビデオチャットを通していつでもお互いに料理、買い物、散歩を楽しことができるため、電話ができない言い訳なんて通用しません。時間が合えばいつでも一緒に話しながら映画を観たりできるということを覚えておいて下さい。

10.記念の物を持つ

忙しかったりして電話もメールも来ない時、寂しくなることもありますよね。そんな時は2人で買ったTシャツを着たり、お揃いのマグカップを使ってお茶を飲んだりしてはいかがでしょうか?お気に入りの香水、洗濯洗剤の香りはまさに時間を戻してくれる瞬間です。どうしても近くに感じたいと思うなら恥ずかしがらず試してみてください。

11.相手を自分の周りに紹介しよう

遠距離恋愛は長くなればなるほど、パートナーは知らないあなたがよく行くお店や場所、一緒に遊ぶ友達についての話が増えていくでしょう。そんなときは、あなたが頻繁に行く場所や、よく会う人の写真を見せたりしてパートナーにも情報を共有しましょう。会えない時の過ごし方を共有することは、見えない部分の不安を取り除くのに効果的です。この方法は、毎日会話を交わすことで意味をもたらし、距離が離れていながらお互いの生活を理解しあえることができるでしょう。

パートナーの居る国へ留学しませんか?人気の留学先を見る