EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

お家でできる人生設計!

お家でできる人生設計!

家でくつろぐ時間を活用して新たなキャリア形成を計画したり、キャリアアップについて考えてみましょう。新しい仕事を始める人も新たな一歩を踏み出そうとしてる人も、今こそ将来に向けて準備ができる最高のタイミングです。この記事では家でできるワークライフの計画をご紹介します!

やりたいことを見つけよう

履歴書を送る前にまずはどんな仕事にワクワクするか考えてみましょう。家にいれる時こそ5年後、10年後、20年後自分がどんな仕事をしているか座ってじっくり考えられるはずです。職種だけでなく、日々のワークスタイルにも踏み込んでみましょう。

屋外での仕事が好きか、オフィスワークがいいか、世界中の人と繋がる仕事をしたいか、どんな職種にも必ず自分に合ったポジションは用意されています。心から楽しめることに出会うために、下調べをしてやりたいことを明確にする必要があります。

多くの人は情熱が注げるものが無いという悩みがあるようですが、初めは情熱はなくても問題ありません。情熱は経験するうちに湧いてくるもの。必要なことは、経験を積むプロセスの中でどれほど楽しめるか自分に問うことです。

オンラインを有効活用

オンラインが定着する昨今、手書きの履歴書だけを頼りにする会社はほとんどありません。自己紹介の方法の一つとして最近ではオンラインを通してのアプローチが当たり前となってきます。強みや経歴などの紹介を様々な形で届けることができます。

選択した職種に合わせてスキルの応用を実践する場も多く存在します。例えば、ブログを開設してライティングスキルを伸ばしたり、ソーシャルメディアを利用して興味のあることや自分を表現するなど様々です。

採用者へのアピールとして使えるプラットフォームと言えばLinkedInです。プレミアムオプションもありますが、スキルや仕事内容、学歴を明記できるプロフィールを無料で簡単に作成できます。さらにカバーレターのような職歴や実績の一覧を書くこともできます。最適化LinkedInプロフィールを利用することもできますが、初心者向けの既存のものも揃っています。

もう一つ効果的な会社へのアプローチ方法としてウェブサイトの設立です。技術的な強みだけでなく、独自のクリエイティビティで情報を写す能力が身につきます。雇用者側からみても、大量のPDFから抜粋するよりもサイトに足を運んだ方が記憶に残りやすいはずです。

”コードなんてわからない”という人も多いはず。設立のために特別技術的な知識を持っておく必要はありません!ウェブサイトを作ることは難しくありません。WorsPressSquarespaceはテンプレートがすでに存在し、サンプルもあるため、あとは好きなようにその中で個性を生かして構築するだけです。

忘れてはならないのは、インターネット上のあなたの情報も仕事に繋がるということ。だからといって、友人との楽しそうな写真を掲載してはいけないわけではないですが、いつか会社の人事があなたのインスタグラムやツイッターで採用を判断されるかもしれません。写真やコメントを載せる時はよく考えて載せることをおすすめします!

オンラインで学ぼう

家にいる時間を使ってオンラインを利用して使える知識を身に付けましょう。朝の渋滞や通勤ラッシュに悩まされた時間をスキルを磨けば、履歴書のレベルもアップします。

興味のある求人募集を探していく中で特定の採用条件を見つけてみましょう。データ分析が得意になっていくかもしれません。または興味のある電子書籍を見つけてビジネススキルを構築したり、プレゼンテーション力または面接のチャンスを掴めるオンラインコースを受講してビジネスの知識が広がるかもしれません。

語学スキルは履歴書に有利です。外国語を話せることでマーケティングからエンジニア、弁護士まであらゆる職種に対応します。最も需要のある言語は、英語、スペイン語、フランス語です。初心者コースを受講して基礎を学んだあとは海外で実践してみましょう。

基礎を固めると留学する際、周囲に早く溶け込むことができます。そのために家にいる時間を活用して練習を積み上げていくことが大切です。オンラインコースやアプリで単語力、文法を習得し、すでに暗記した状態で実践に挑みましょう。

履歴書またはカバーレターを作成した人でもまだ手をつけてない人でも関係なく、抜け漏れがないか確認が必要です。見直したり、微調整も必要かもしれません。

アピールしたいスキルにこだわる代わりに2ページに全て凝縮させないといけないのは最も一般的な誤解の一つです。履歴書作成の場合、見本が鍵です。過去にどのように活用して、質を高めたか履歴書を分析しましょう。

履歴書を書いたり見直す際、応募前に他の職種に適応するか確認しましょう。採用担当者は、100社に一斉送信しているか、または一つ一つ時間をかけているかすぐに見抜いてしまいます。同じスタイルの応募内容で多数に送るよりも数社に個別に履歴書を送りましょう。長所に目を向けてもらえるような工夫も大切です。

求人募集の仕事内容にスキルが含まれる場合、現社員の負担軽減を目的とすることが多いです。時に採用者は数百件もの応募に目を通すため求めてるスキルの有無を重点的に確認します。

さらになんといっても、海外で仕事をする場合、応募形態が異なります。この国では履歴書のどの部分が重要か?写真が必要?コメントが必要?時系列で職歴を書いた?その国に合った方式を事前に調べることが大切です。

履歴書の作成して面接の日程が決まったら、早速質疑応答の練習とビデオインタビューのセットアップに入念に時間を使いましょう。

自分の英語力を無料でチェックしよう!

無料英語力測定テストを受ける

 

英語力を無料でチェックしよう!無料英語力測定テストを受ける

たった数分であなたの英語力をチェックしよう。

詳細はこちら