EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

英語学習において最も大切なことを、EFの先生が伝授します!

英語学習において最も大切なことを、EFの先生が伝授します!

ほとんどの語学生徒はどこかで必ず壁にぶち当たります。おそらく、学習過程で思ったほど伸びないと感じたり、次のレベルアップに苦しんで、さらにその原因がわからないという状況に陥っているかもしれません。私には思い当たる節が一つあります。先生ももちろんわかるはずです。言い難いことかもしれませんが、鏡で自分の姿を見つめて、変化を起こすべきかもしれません。

かつての先生が語学について知って欲しかったこと、彼女または彼がどんな変化をあなたに求めていたかがこのページで理解ができるでしょう(推奨されている修正を実証すれば、早い進歩が約束されます)。

英語学習において最も大切なこと

クラスメートはライバル!?

英語学校には世界各地から留学生が集まっています。自信に溢れている生徒以外、ほとんどの生徒が緊張し、周りのクラスメートで友達の隣の席に座るために周りを見渡す探すのではないでしょうか。同じ国籍の人、話しをして一緒に作業ができる人、あなたを理解してくれる人を見つけた瞬間ホッとしますよね?しかしそれは間違いです。教室に入ったら、周りの生徒はライバルだと思ってください。新しくできた友達はライバルかもしれません。同じ国出身のお友達と行動していたら、あなたの英語力は上がらないでしょう。なぜなら、母国語で話したい欲望は最終的にさらに欲望が強まり、授業で何か成長することを諦めてしまうかもしれません。スピーキング、リスニングの練習を無駄にしてしまうということです。

もし、共通の母国語を話す人を見つけたら、授業の前に挨拶しましょう。そして授業が終わるまで離れていましょう。授業の間、まず常に違う生徒の隣に座るか、少なくとも、母国語を話す人のそばに座らないようにしてみよう。それぞれ違う能力や違う母国語を話す生徒に交じってお互いに影響し合うことは、効果的にコミュニケーションを取ろうとさせるでしょう。さらに語学力をあげるはずです。

宿題こそ目標への近道

「次の宿題は〜」とだいたいの学校で授業の最後に先生はこのセリフを言います。その時は「完璧」と思ってノートに書き写すでしょう。その意思は尊重します。しかし、次の授業であなたのノートはまっさらな状態。宿題?宿題って何?そのうち「あ〜、私には関係ない」と思う人もいるのではないでしょうか。しかし、信じるも信じないも、なぜ宿題が与えられるか、ただ先生らしく格好つけたいからではありません。授業の前に頭の中が整理されることで効率良く学習することができるのです。外国語を学ぶことは、他同様、時間と努力を要し、そえぞれ内容を理解しないで1週間に2つの授業を受けても進歩を期待するのは難しいでしょう。

授業が終わったらできるだけ早く宿題に取り掛かりましょう。このクセをつけるために、授業のあとのお気に入りのコーヒーショップ、またはホットドリンクと一緒にカウチで横たわりながら宿題をすることで重荷に感じていた気持ちも身軽になるはずです。補足として、自習と、授業中にやるべきことを全てやることに力を入れてみましょう。例えば、映画を観たり、耳に入ってくるニュースで使われる言葉を調べたり、音楽の歌詞で勉強したり、スマホのアプリで翻訳して、単語の使い方を攻略するなど様々あります。

“ゴール”という言葉はスポーツのためだけではない。

この勉強方法は簡単じゃないよ。時間もかかる、たとえ中間地点にいたとしても目標が見えづらいし、ストレスやイライラを感じてしまうのではないでしょうか。先生はこの状況を何度も目にします。しかしながら、先生が観ているものは、頭の中の明確なゴールは、良い方向へ進んでいるかと言うことです。一番のゴールは、特定し、はっきりとした期限を持つ傾向にあります。これらがうまくいく理由は、重点を置いているポイントに直接注意を払い。進歩を示すからです。

前向きな言語で明確に目標記し(10月に、ドイツでは彼氏/彼女の母親と話すことができます)、目標達成に向かって少しずつ先に進みましょう(家族、仕事、好きなもの嫌いなものについて話す方法を学んで観ましょう)。目標を書き出し、定期的にどれほど成長したか確認しましょう。人によっては、責任を持つために友達に自分の目標を共有することが有力であると気付きます。

あなたの努力は未来の成功に欠かせません。

先生にとって最も難しいことは、真面目に勉強をしない生徒を受け持つことです。実際、このような電話を持って遅刻する生徒、宿題が終わっていない、仲良しの友達といつも隣どうしで座る生徒は、時間の無駄と無駄な浪費をしています。なぜなら多言語を堪能に話すような薬もない、バイリンガルで育てられていない人はら言語の習得を一から行わなければないからです。そんな生徒にならないでください! まっすぐ真ん中に座って努力をしていきましょう。

長期間ランニングと一緒で、語学は時間と共に継続する努力を求められます。決して全力疾走ではありません。授業の前に2時間詰め込むよりむしろ、毎日集中してひたむきに20〜30分勉強をする方が効果的です。宿題をして、フラッシュカードを利用して、勉強方法の中のどれかを参考にしても良いでしょう。特別にお知らせ:授業の前にやる気を起こすために時間通りにきて、数分リラックスして、レッスンが始まる前にノートを開いて新しいページを作りましょう。

やればできる、嘘ではなく必ず!

語学のためのゴールへなかなかたどり着かないと感じているのなら、先生からあなたにこれだけは知って欲しい最後の一つがあります。まず、”やればできる!” “自分を信じてください。”この方法は、目標設定に導き、プラン立て、一貫性を持たせてくれます。しかし、忘れてはならないのが、最終的には努力以上の価値があります!!!!!

英語をマスターしたいなら!詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事言語