未来

英語では、幾つかの異なる方法で未来を述べることが出来ます。これは、単に行動や出来事が起こった時を述べているのではないことを覚えて置くことが大切です。すべての未来時制は、 '今より後'を示していますが、未来の出来事に対する私達の態度も表しています。

以下の文章は、すべて異なる時制で表現することが出来ます:

  • 単なる予測:There will be snow in many areas tomorrow.
  • 取り決め: I'm meeting Jim at the airport.
  • 計画や意図:We're going to spend the summer abroad.
  • 時刻表に書かれた出来事:The plane takes off at 3 a.m.
  • 現状に基く予測: I think it's going to rain!
  • 意欲:We'll give you a lift to the cinema.
  • 将来に進行中の行動:This time next week I'll be sun-bathing.
  • ルーティーンの行動や出来事: You'll be seeing John in the office tomorrow, won't you?
  • 義務:You are to travel directly to London.
  • 今すぐ、あるいは近い将来起こるだろう行動や出来事:The train is about to leave.
  • 私達を将来に映し出し、完了した行動を振り返る: A month from now he will have finished all his exams.

これらの例から、将来を表現するのに幾つもの時制が使われることがわかります。未来時制のセクションでは、それぞれの未来時制の形や機能を説明しています。

英語には4つの未来動詞があります。

未来動詞を使わずに将来を述べる方法も幾つかあります。.