EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

クリスがおすすめする「真似して覚える言語学習法」とは?

クリスがおすすめする「真似して覚える言語学習法」とは?

新しい言語を学ぶ方法は多様化し、今ではあらゆる方法があります。例えば、参考書やラジオなど利用して勉強するだけでなく、スカイプ英会話やモバイルApp、ソーシャルサービスなど、今や、テクノロジーを駆使すれば、時間を気にせずどこでも学びを得ることができる時代となりました。

ただそうは言っても、なかなか実際の場面で新しい言語を活用できないのが悩みになっていることも事実。英語での談笑では笑うタイミングわからなかったり、フランクな日常会話やディスカッションについていけなかったり…

そんなときはネイティブたちの身振り手振り、そして話す内容に耳を傾け「真似してみる」のがいいかもしれません。今回は海外留学のEFの長期留学ディレクターであるクリス・クレングレン(スウェーデン出身)がおすすめする「真似して覚える言語学習法」をご紹介します。

日本で最初に覚えた言葉は「暑い」と「なんでやねん」

クリス「私が日本に初めて来日したのは高校生の夏。だんじりで有名な大阪、岸和田の高校に留学しました。当時の季節は「夏」ということもあり、とにかくみんな『暑い』を口にしていましたね。『暑い』ってなんだろうなぁと思いましたが、すぐに意味を理解することができました。だって実際に暑かったからね(笑)。また、ギャグだと思うかもしれませんが『なんでやねん』もすぐに覚えましたよ。日常的にみんなが使っていたので、まずはそれを真似することから始めたんです。そうすると、普段の会話に溶け込みやすいなぁって気づいたんですね。」

真似することが実用的な言語につながる

クリス「さっきも触れたのですが…僕が思う、新しい言語を実用的に使うための最も良い方法はネイティブたちが使うスラングやボディーランゲージを素直に真似ること。僕も日本に来たとき『なんでやねん』を覚えて、すぐに使うようにしたけど、そうすることで会話が広がって新しい言葉を覚えるきっかけになった。笑うツボだったり、冗談を言うタイミングは、参考書では絶対に勉強することはできないので、ネイティブたちを真似ることで本当に実用的な語学力を短期間で得ることができたと実感したんですね。」

真似する方法はいくらでもある!

クリス「ネイティブたちが周りにいないからといって諦めたら、そこで止まってしまうし、真似する方法はいくらでもあります。例えば、Youtubeや動画サイトで海外ドラマや映画を何回も見るとか、夏のこの季節は外国人が足を運びそうフェスやイベントに出かけてみるにも一つの手だと思うね。お金や時間にゆとりがあるのであれば、思い切って、海外留学や海外インターンシップ、ワーキングホリデーにチャレンジするのも一つの手。とにかく恥ずかしがらずにどんどんその場で真似することに挑戦してほしい!」

radio-2-640x640

現在、クリスは、渋谷のラジオ(87.6MHz)の「hello from shibuya」でメインパーソナリティーを務めています。クリスの体験談を聞きたい方は、こちらをチェックください。
( ポッドキャスト:https://note.mu/shiburadi/n/n0bc0ab5d8338

EFで海外留学にチャレンジ!ネイティブ英語を学ぶチャンス!詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事