EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

大晦日の祝い方、世界の伝統イベント9選!

大晦日の祝い方、世界の伝統イベント9選!

大晦日の行事に一風変わったことをしてみたい、 または2016年の将来、 成功、 幸福に恵まれるために尽くしてみようと考えたりしませんか? カウントダウンや花火は別として(古典的なスタイルは忘れるべきではない)、迷いを払拭させるような世界中の伝統行事を集めてみました。

大晦日の伝統イベントで、新年を迎えよう

1.右足で決まる新年

右足で始まる新年とはなんでしょう。スコットランドとギリシャでは、 『最初の一歩』と言われる言い伝えが古くから残っています 。この言い伝えは、新年の初めに家に訪問する人が、幸運、不運をもってくるというものであり、友人や身内が、最初の訪問者として良いとされています。訪問者の最初の一歩は、右足から入り、手土産をもって来るのが一般的とされています。

2.飛び回る!!

もし、多くの人と関わりたいなら、単純にデーン族に習って、夜中に椅子から飛び回って、その年に『飛び込』んでみてはいかがでしょうか。ブラジルでは、人々は、大晦日にビーチへ行き、7つの願いごとを唱えながら7つの波を飛び越えることで、飛躍すると伝えられています。

3.一口のブドウ

スペインまたは、多くのスペイン語圏の国では、 夜中に12つのブドウを食べることは12ヶ月の幸運と成功を引き寄せると信じられ、人々は、口にブドウを含んで、新年を迎えます。しかし、食べたい時にいつでもブドウを食べれるわけではありません。教会で鳴る、カウントダウンの鐘の音に合わせて、ブドウを食べる必要があります。

4.ZA ZDOROVJIE

ロシアでは、人々は新年の願いごとを非常に大切にします、さらに、願いを叶えるために真剣に取り組みます。ロシアの人は、願いごとを考え、 紙に記した後、その紙を燃やします。そして、その灰を、グラスに注がれたシャンパンに落とし、飲み干します。乾杯!

5.旅行の年

旅行好きにぴったりの伝統行事はまさにここにあります。コロンビアでは、一年間を旅行で満たしたいという人は、(中になにも入っていない)スーツケースを片手に、真夜中に岩の周りを歩くという伝統行事があります。

6.色に込められた意味

服にまつわる伝統行事。ブラジルでは、例えば、悪霊を払い除けるために白を着用します。中国では、幸運のために赤のドレスを着用します(2月に行う、2016年の新年のお祝い)。下着は、世界中で行われる、新年の伝統行事よりも、さらに重要視されているようです。自分にぴったりの色が見つかる、こちらのカラーガイドを参照するのを強くお勧めします。

7.食べるものに注意を向ける

成功を呼び寄せるには、円形の食べ物を食べることをお勧めします。イタリアでは、伝統食として真夜中に食べられる、コテチーノ、レンティッチ(コテチーノソーセージとレンズ豆)は、その年の全ての良い運気を呼び寄せると言われています。ちなみに、レンズ豆の見た目はお金に似ています。

8.丸めてみる

フィリピンの人は、テーブルだけでなく、食事として、装飾として用意される果物など、丸い形に非常にこだわります。また、 人々はコインを渡し合い、洋服は水玉模様をまといます。

9.葉っぱが導かせる

世界には、茶葉を使って未来を予測する人がいます。ドイツ語圏のヨーロッパや北欧では、温めていたものに、葉とボール一杯の水を使って、新年になにが起こるか予測します。少量の葉は、スプーンの中で溶かし、水の中に流します。葉の塊は新年になにがおこるか、要注意 と判断されます。

世界の伝統行事をもっと見る詳細はこちら

記事をシェアする

最新記事文化