留学費用

留学費用は、留学を決めるうえで重要なトピック。決して安い買い物ではない留学、できる限り不要なコストを省いて、賢い選択をしたいもの。EFの直営留学のように授業料と滞在費が包括料金になっている場合、到着後の想定外の出費も避けられます。計画的に留学資金を確保するためにも、まずは渡航条件ごとの費用の傾向や賢い留学見積の見方を知っておきましょう。

EF 海外語学留学

12 - 15
2-24
中高生向けツアー型語学留学、個人語学留学コース など多彩な中高生向けの海外語学研修コースをご用意しています。
留学先: アメリカイギリスカナダオーストラリア韓国マルタシンガポールニュージーランドフランスドイツスペインアイルランドイタリア南アフリカコスタリカ

EF 海外語学留学

15 - 25
2-24
公的機関に認定されたEFの語学学校にて短期間で外国語を身につけましょう。世界50都市、10ヶ国語から選択。毎週月曜日開講。
留学先: アメリカイギリスカナダオーストラリア韓国マルタシンガポールニュージーランドフランスドイツスペインアイルランドイタリア南アフリカコスタリカ

EF 海外語学留学

25 + 歳以上
1週間から24週間
世界のグローバル都市で開校 プロフェッショナルなあなたのためにパーソナライズされた語学研修を受け更にキャリアを積もう
留学先: アメリカイギリスカナダオーストラリア韓国マルタシンガポールニュージーランドフランスドイツスペインアイルランドイタリア南アフリカコスタリカ

EF 長期海外語学留学

16 +
6ヶ月以上
語学学校で、外国語と専門科目を学びましょう。外国語試験の対策や、国際的な仕事体験もできます。
留学先: アメリカイギリスカナダオーストラリア韓国マルタシンガポールニュージーランドフランスドイツスペインアイルランドイタリア南アフリカコスタリカ

EF 高校交換留学

14 - 18
1年間
公立校
現地の高校に通う1年間の交換留学プログラム。留学先では、ネイティブスピーカーと一緒に勉強をします。
留学先: アメリカイギリスアイルランド

EF ACADEMY

14 - 19
1-5年間
国際ボーディングスクール
75か国から集まる生徒と共に学び、生活します。国際的に認められた高校卒業資格を取得し、トップ大学進学を目指します。
留学先: アメリカイギリス

EF 海外進学準備留学

16 + 歳以上
6か月以上
世界200を超える提携大学への進学保障をご提供しグローバルなキャリアを見据え、必要なスキルを身につけることができます。
留学先: アメリカイギリスオーストラリアシンガポールフランスドイツ

Hult International Business School

18+ 歳以上
学士、修士, MBA
世界中にキャンパスを持ち、受賞歴のある独立のビジネススクール、ハルトでビジネス学位を取得しましょう。
留学先: アメリカイギリス中国アラブ首長国連邦

留学費用に含まれるもの

留学にも色々なタイプがあるので、どんな留学スタイルを選ぶかで留学費用は大きく変わりますが、留学にかかる費用としては大きく①授業料や滞在費、教材費、入学金など通学にかかる経費、②航空券・海外旅行損害保険など海外渡航にかかる経費、③滞在中の食費や通学費、通信費(携帯電話やSIMカード)など現地経費(お小遣い)、に分けられます。 このうち、授業料や滞在費(家賃)、海外旅行保険などは滞在期間に応じて金額が変動しますので、留学費用の計算には必ず現地に滞在する全期間の経費を含めるようにしましょう。

また、国内の留学紹介エージェントが現地の学校や教育機関を紹介斡旋する場合は、留学エージェントへの紹介料(斡旋料)が追加されていますので留学見積を見る際はそうした追加費用も確認するようにしましょう。日本の事務局で海外直営校への入学受付を行うEF直営留学の場合、全通学期間を通じた「授業料」+「基本の滞在費」+「朝晩の食費」を含んだコース費用のご案内が可能で、さらに直営校のためエージェント手数料等がかかりません。初めから計画的な留学費用のプランニングができるのが大きな特徴です。

<EFの留学費用に含まれるもの>:授業料、滞在費、基本の食事(朝晩)、キャンパス内Wi-Fi利用料、英会話レッスン(出発前・帰国後)、留学生用インターネットサービス「キャンパスコネクト」利用など

留学タイプ別費用比較

留学の目的や留学期間、また留学後の進路・キャリアパスによって、選ばれる<留学タイプ>はまちまちです。ここでは、タイプ別のざっくりとした費用傾向を比べてみましょう。

語学留学費用 - 短期

留学期間が短いほど留学費用の総額に占める航空券の割合が高くなるので渡航時期を調整したり(航空券が高騰するピーク時を避ける)、渡航先の国・都市の物価などを参考にするとよいでしょう。3か月以上の留学では、滞在費や現地の食費など日数に応じてかかる経費の割合が上がっていきますので、留学期間を通じた滞在費の試算をしておくことがおすすめです。また、予算に応じて授業数や通学期間をカスタマイズすることで自分にあった留学プラン作りが可能になります。

● 最短2週間から1週単位で計画できるEF海外留学 <お見積りはこちら>

語学留学費用 - 1年/半年間

30歳以下の方であればいくつかの国でワーキングホリデー渡航が可能です。多くの場合、最長で1年間(国や条件によっては最長2年間)現地で働いて収入を得ながら語学を習得することができます。オーストラリアでは語学留学中の方も週20時間まで就労が認められていますが(ビザ条件あり)、くれぐれも「学業が本業」であること、また良い条件の就労を得るには語学力が必須であるという事をお忘れなく!

● 4・6・9・1月開講!目的達成型EF長期海外留学 <お見積りはこちら>

● ワーキングホリデー資料をお取り寄せ <ご登録はこちら>

高校留学や海外大学進学費用

留学先の学校の種類により費用が大きく異なります。公立校よりも私立校の方が費用は高くなりますし、大学進学であれば進学先の国によって授業料が大きく異なります。留学で得たい学習内容や留学体験を踏まえ、国や都市、どの地域に留学したいかを吟味することをお勧めします。

国別の留学費用の傾向

留学先の国や都市、各国の為替動向、物価の違い等によって留学費用は大きく異なります。各地のEF直営校のコース費用(週26レッスンのジェネラルコース)で比較してみましょう!

1か月間半年間1年間
アメリカ30万~159万~249万~
カナダ26万~130万~199万~
イギリス30万~159万~249万~
オーストラリア25万~145万~225万~
ニュージーランド26万~145万~225万~
マルタ24万~135万~215万~

都市別の平均的なリビングコストはインターネットでも簡単に検索できます。留学費用の試算には、通学にかかる費用、渡航費用のほかに現地の生活費を忘れずに!

費用を抑えて留学したい!奨学制度や留学キャンペーン利用を

日本学生支援機構(JASSO)などの支援団体や留学支援制度のほかに、学校が提供する優待奨学制度が適用できる場合もあります。EFでは各直営校が提供する奨学割引や留学費用減免の留学キャンペーンなど、留学費用を工夫しながら海外で勉強ができるシステムをご用意しています。時期や渡航地により様々な条件がありますので、詳しくはホームぺージの最新情報をご覧ください。