EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

南アフリカ共和国への留学 ケープタウンまで、36時間の旅

南アフリカ共和国への留学

海外留学出発|南アフリカへ、36時間の旅

 

今回は、南アフリカの美しい街、ケープタウンに出発された、Shibahara Taketoさんに、日本から南アフリカまでの道のりを教えていただきました!

 

 

日本→ケープタウンまで36時間。3回の乗り換えの旅だった。

(格安航空券で乗り継ぎする場合)

 

~南アフリカまでのルート(Taketoさんの場合)~

日本(NRT)→韓国(ICN)

韓国(ICN)→カタール(DOH)

カタール(DOH)→ヨハネスブルク(JNB)

ヨハネスブルク(JNB)→ケープタウン(CPT)

 

出国するのが過酷だった。

まず、10日前に予定していたフライトがキャンセルになりフライト変更。

航空券購入時にしっかりと保険に入っていなかったので1万5,000円を失う。

 

成田空港に3時間半前につき、最後の日本食を食べたり、展望台に行ったり、余裕をこいているとチェックインをする際にトラブル。

 

留学の渡航注意! 航空会社が違うと、出国許可が降りないことがある!

僕の場合は以下の3つの航空会社を使った。

・Jeju Air(韓国の航空会社)

・Qatar Airways

・British Airways

 

Jeju air(韓国の航空会社)にチェックインに行くと、「この航空券は無理だね」と言われた。

「頼む、今日出国しないと学校に間に合わない」と話をしたが、許可が降りないといけないそうだ。

原則、違う航空会社間の乗り継ぎは不可能であるとグランドスタッフの方に言われた(これはコロナなどは関係なく、いつでも)。

 

一度韓国に入国して自分でチェックインし直すという方法も提案したが、今はコロナの影響でビザがないと入国できないから無理だと言われた。

 

なので、Jeju air(韓国の航空会社)とカタール航空の航空会社同士で、僕の乗り継ぎが可能かどうかを確認しなければならなかった。

 

「全力は尽くすが、無理だったら悪いが明日にしてくれ」と。

コロナの影響もあって日本から韓国への便が1日1便しか飛んでいなかった。

 

今日南アフリカに行けなくなるかもしれない。

不安と冷や汗が止まらなかった。今年一番時間が長く感じた。

なんとかフライトの20分前に許可が降り、ギリギリで出国できることに。

 

お見送りにきてくれた彼女にしっかりとバイバイ出来なかったのが申し訳ない。

出国前に「行ってきます!!」って写真ゆっくり撮りたかったのに30秒くらいでぱぱっと撮りました。これもまたいい思い出。

 

撮った写真がこちら↓

韓国で、カタール航空に乗り換える際も同じことを言われた。

「次は国内線だから、一度南アフリカに入国して、自分でチェックインし直して」と。

格安航空券で乗り換えが多いフライトに乗ろうと考えている方は注意してください。

 

格安航空券(スカイスキャナー、エクスペディアなど)はあくまで航空券を売っているだけなので、乗り継ぎのことや航空会社が違うと乗り換えができないことを知らない。

 

乗り継ぎは可能かどうか事前に航空会社に問い合わせることをオススメします!

 

 

初めての留学、飛行機の乗り継ぎで不安もあるかと思います。留学生活の素晴らしいスタートが切れるように、空港での手続きや乗り継ぎの仕方などを事前にしっかりと把握すると安心して現地に向かうことができますね。EFの空港や飛行機に関する記事も、ぜひチェックしてみて下さい!

 

南アフリカに無事たどり着いたTaketoさんの生活に今後も注目です!

これからも、南アフリカの様子を随時お伝えして行きます。

ケープタウンで留学どんなところ?

全12言語、50都市以上で語学を学習しよう。

詳細はこちら