EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

実はマルチリンガルだったと知らなかったセレブ 10 人

実はマルチリンガルだったと知らなかったセレブ 10 人

セレブは、私たちより何百万人ものインスタグラムフォロワーがいるかもしれませんが、セレブも私たちと同じ、普通の人間です。彼らも様々な言語を学ぶ重要性を知り、複数の言語を学び、多才な才能を発揮しています。ここでは意外と知られていない、バイリンガル・マルチリンガルなセレブ 10 人をご紹介します!

 

(1)ブラッドリー・クーパー (Bradley Cooper) -英語/フランス語
ボンジュール、ムッシュ・クーパー!映画、Chariots of Fire を見た後、フランス語を話せるようになると決心したのち、 エクス=アン=プロヴァンスに 6 ヶ月間の語学留学に行ったそう。その後、レッドカーペットでも流暢なフランス語を披露していて、ネイティブ並みの語学力でインタビューに答え、フランス人の記者を驚かせています。

 

(2) ミラ・クニス(Mila Kunis) -ロシア語/英語
ウクライナ生まれのミラの第一言語はロシア語でした。そのため、七歳のときにロサンゼルスに引っ越した際に、全く英語が話せなかったため、英語を早急に学ばざるを得ない状況になりました。そこからすぐにアメリカンなアクセントを習得し、現在ではロシア語を使う機会はあまりありませんが、両親との会話で語学力をキープしているようです。有名なエピソードして、モスクワでロシア人のレポーターからジャスティンティンバーレイク( Justin Timberlake)をロシア語で援護する様子は、YouTube でみることができます。

 

(3) ソフィア・ベルガラ (Sofia Vergara) – スペイン語/英語
女優・モデルのソフィアはコロンビアで生まれ育ち、スペイン語のテレビ番組のホストとしてキャリアをスタートしました。流暢な英語を学校で学んだソフィアはその後、テレビや映画に出演し(モダンファミリーのグロリア役が代表作)、アメリカの市民権を満点で合格しました。その後、アメリカの人気俳優、Joe Manganielloと結婚!

 

(4)サンドラ・ブロック(Sandra Bullock) -ドイツ語/英語

アメリカの軍人とドイツ人のオペラ歌手の間に生まれたサンドラがバイリンガルなのは、両親の影響です。ドイツに住んでいたサンドラは、幼少時代は母親とヨーロッパに音楽ツアーに同行したり、彼女自身もステージに登場したこともあるそう。公共の場ではドイツ語をあまり話したがらないサンドラですが、いくつかの授賞式やステージなどで流暢なドイツ語を披露しています。

 

(5)マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg) -中国語/英語
近年最も成功した企業家の一人、Facebook の創業者のマークが中国語を話せる理由は、人類で最も多くの人に話されているから?と推測できますが、実はそれだけではなく、奥さんが中国人で、彼女の家族と会話ができるように学んだそう!とてもロマンチックですよね。

 

(6) ナタリーポートマン(Natalie Portman)ヘブライ語/スペイン語/ドイツ語/日本語/英語
新しい言語を学ぶこと自体、非常に難しく、相当な努力が必要です。にもかかわらず、英語、スペイン語、ドイツ語、日本語とヘブライ語を話せる上に、国連アンバサダーと世界のトップ女優のナタリーの多才ぶりには圧倒されてしまいます。彼女が三歳のときにエルサレムからアメリカに引っ越し、ヘブライ語を学校で学び、そこから大人になってからも語学学習という才能を発揮し続けました。彼女が勉強をするために、自身の映画の発表会に出席しなかった話は有名です。

 

(7) トム・ヒドルストン(Tom Hiddleston) – ギリシャ語/フランス語/スペイン語/英語
紳士的な態度と完璧なイギリス英語のアクセントだけでなく、トムはナタリー並みの語学力の持ち主です。噂では 9 か国語話せるそうですが、ネイティブといえるのは英語、スペイン語、フランス語とギリシャ語のようです。トムは旅先では必ず現地の言語で話すようにしているそうですが、もし話せない場合は新しい単語やフレーズを覚えるようにしているみたい!

 

(8) リタ・オラ (Rita Ora) – 英語/アルバニア語
幼少時代、コソボからイギリスに引っ越したリタは、アルバニア人の両親とはアルバニア語で会話をしていたため、流暢なアルバニア語を話すことができるそう。多くのインタビューで、数少ないコソボ出身の著名人としてのプライドと、自分のルーツを大切にしていることを話しています。彼女は自身の祖国の代表として活動しています。

 

(9)コリン・ファース(Colin Firth) -英語/イタリア語
オフスクリーンでも、ミスター・ダーシー(ご存知のない方は映画、ブリジット・ジョーンズの日記をご覧ください)はロマンチストのようです。イタリア出身の奥さん、リヴィアとリヴィアの家族を喜ばせようと、イタリア語を学び、最近ではイタリアの市民権も取得しています。彼曰く、発音はもう少し練習が必要のようで、イタリア語を話すイギリス人の役なら引き受けたいとか!

 

(10) サンドラ・オー (Sandra Oh) – 韓国語/英語/フランス語/スペイン語
韓国人の両親のもと、カナダでフランス語圏と英語圏のちょうど間に位置しているオタワで幼少期を過ごした彼女がマルチリンガルなのには驚きません。モントリオールの演劇学校でスペイン語の勉強を始め、その後も学習をつづけたことから、スペイン語もネイティブのように話せるようになったのこと。

あなたもマルチリンガルになりませんか?留学プログラムの詳細を見る

記事をシェアする

最新記事文化