EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

語学スキルとキャリアアップが密接な理由とは

語学スキルとキャリアアップが密接な理由とは

外国語に堪能であることが将来のキャリアを左右することは、今の時代紛れもない事実です。世界共通語とされる英語をマスターすること、またはさらに多言語をマスターすることは、エントリーレベルからマネージャー、場合によっては重役レベルまで昇進できるステップとなるでしょう。

今年こそ英語をマスターしてキャリアアップを狙おう!

自身の飛躍のために扉を開こう

バイリンガルやマルチリンガルの方が周りより秀でているのは、誰よりも先にビジネスチャンスを手にすることができたり、国際的な仕事に就ける点ではないでしょうか。語学スキルは新たな可能性への扉を開きます。外国語に堪能な人材は、海外のお客様、サプライヤー、またはパートナーの需要とニーズを理解すること、つまりグローバルな市場をより詳しく理解できます。海外のパートナーと直接交渉できるスキルがあれば、通訳者を介することなく相手のニーズを的確に理解することができます。

第2外国語を話す労働者が高い割合の国は、国際貿易の国内総生産(GDP)率が更に高いことが調査で明らかになりました。スイスの研究によると、マルチリンガルが多い国では、主にドイツ語、フランス語、イタリア語が正式言語として日常的に使われていますが、推定でマルチリンガリズムが国のGDPの10%強をしめると証明されています。

若い世代に積極的に第2言語を推奨していない国や、母国語だけを話す人口が多い国、例えばイギリスなどは、国際的に活躍するチャンスを逃し、ネイティブイングリッシュの利点があるにも関わらず、メリットを生かせず他国に遅れをとってしまう可能性もあります。ある研究によると、イギリス人の語学スキル不足によるコストは年間€48(約8000億円)以上にもなると証明されました。

バイリンガルは収入アップを狙える

ビジネスの世界では、多言語を操れる人材は国際マーケットの成長に影響すると言われており、多くの企業は強い語学スキルを持つスタッフの採用に積極的です。

アメリカの研究ではバイリンガルの雇用者は、母国語のみ話す人よりも年間$3,000以上稼いでいると証明されています。さらにもう一つアメリカの研究で、親しみのない印象のないドイツ語は、ヨーロッパ市場で重要なキープレーヤーとされているため、アメリカ国内でドイツ語を習得した人の3.8%以上が昇給したということがわかっています。

さらにそれだけではなく、外国語専門のイギリスのリクルートエージェンシーのある、ロンドンでは、バイリンガルは給料が15%以上がると推測されています。

コミュニケーション力の高い人間として評価されるには

バイリンガルまたはマルチリンガルである長所は今の時代に欠かせない人材とされています。語学スキルは、競争の激しいビジネスの中で戦う雇用主にとって必要なスキルであり、キャリアアップを目指す人にとって面接で欠かせないスキルです。

外国語を流暢に操ることのできるスキルは国際的な場面で沢山の活躍が期待されます。アメリカの研究で、バイリンガルの雇用者は過去5年で2倍以上の割合で求められているということが明らかになっています。さらに、アメリカのビジネスの40%近くはバイリンガルスタッフの採用に積極的であることも分かっています。面接官が同じような実力を持つ候補者を見つけた場合、バイリンガルである候補者に強く興味を示すということがわかっています

全てはコミュニケーション力と言っても過言ではありません。外国語を流暢に話すことは、ネットワークをさらに効果的且つ、多くのチャンスを可能にし、ビジネスまたは、私生活で使える会話力の向上にもメリットを与えます。

とは言え、敬意を示すために休憩中の会話をその国の言語で話したり、または長期的な関係性を築けることに役立つなどのメリットが多いだけではありません。多言語を話せるという事は、どのレベルであれ仕事の上での成功や昇進に重要な、オープンマインドな思考、思いやり、創造力などのスキル向上にも繋がると言うことが証明されています。

頼れるリーダーを目指そう

これらのスキルは、マネージメントレベルの役割に進む際に、さらに重要となってきます。通常のEF English Proficiency Indexによると、英語のスキルが高い社員は、昇進しやすいとされています。

新たな言語の習得に求められることは、異文化を理解する力です。高い語学のスキルを持つマネージャーは同僚から慕われ、効果的にコミュニケーションをとることが可能です。外国から、または違ったバックグラウンドを持つ雇用者をマネージメントする際は、このようなスキルは必須となってきます。

重役職に昇格するとき、コミュニケーションスキルで重要となってくる点は、発音です。面白いことに、実は、重役の人よりもマネージャーレベルの人の方が話す英語が上手い傾向にあるのです。英語のスキルはこのように、彼らよりも高い英語スキルを持つ人が属するチームを管理する人にとって特に重要となってきます。

未来のある自分を作る

EF EPIレポートによると、堪能な英語スキルを持つ高いレベルの人は、国内レベルで平均以上の給料、またはアイデア力を誇るGDP率の高さに関連するとされています。さらに、特に英語力の高い語学スキルの人口を持つ国は、よりグローバルな繋がりを可能にしています。

しかし、個々のレベルとなると話しは違うようです。国際的な仕事を将来考えている人だけでなく、強い語学スキルが、高いコミュニケーションスキルに深く関わるということ、つまり文化的格差の架け橋となる方法を理解することは、ロボットや、AIが機械的なタスクを取って代わり、人と人との繋がりや、クリエイティビティ、または理解を求めようとしなくなる世界にとって重要となってくるはずです。

参照: https://www.theguardian.com/money/2010/aug/28/learning-foreign-language-boost-career

海外留学でキャリアアップを図ろう!留学プログラムの詳細