国際看護師を目指そう!看護師留学のススメ

語学力を身に着け、国際看護師として海外の先端医療や海外ボランティアに従事したいという看護師の方が増えています。国際看護師の資格や英語力など、求められる基準はどのような内容なのでしょうか?確実に言えることは、医療の知識だけでなく、英語でのコミュニケーション力をしっかりと身に着けておく必要がある。ということです。この記事では看護師留学のメリット、看護師留学にかかる費用、そして国別の看護師の資格取得についてご紹介します。

国際看護師とは?海外で活躍する看護師はどのくらいいるの?

実は国際看護師という資格はなく、海外で活躍する看護師の方々を国際看護師と呼ぶのだそうです。外国で看護師として働いたり、医療ボランティアとして活動する方々など、国際看護師の形は様々あるようです。国境なき医師団のホームページによると、2018年の間に106名の日本人医療スタッフが、27の国と地域に派遣されているそうです(医師、看護師、非医療スタッフ含む)。

看護師として医療に従事するからには、看護師としての教育を受け、勤務経験も問われますよね。日本で取得した看護師免許は海外で、どのような扱いになるのでしょうか?

個別相談(無料)予約

日本の看護師免許が使える国もある。国ごとの看護師免許の基準とは?

日本で看護師免許を取得した方が、海外で働くためにはどのようなプロセスがあるのでしょうか?国ごとにガイドラインが異なりますが、看護師留学で人気のある国の基準をご紹介します。

アメリカ

アメリカで看護師として活動するには、CGFNS (Commission on Graduates of Foreign Nursing School) という試験に合格し、さらにNCLEX-RN という試験に合格する必要があります。日本の看護師免許を持っている方は、アメリカで再度看護学校に通う必要はないそうです。

アメリカには50の州があり、それぞれの州によって法律が異なるため、アメリカで看護師として働く方は州の基準を確認しましょう。

オーストラリア

オーストラリアで看護師として活動する場合は、AHPRAAustralia Health Practitioners Regulations Agency)という現地の看護師協会へ登録する必要があります。こちらへ登録するためには、日本の看護師免許を持っていること、実務の経験があること、英語力の基準を満たしていることが条件です。英語力はIELTSだと7.0以上、TOEFL ibt 94以上、と海外の大学進学で求められる以上の高い英語力が必要となりますので、オーストラリアで看護師になりたい方は英語力を磨きましょう。

イギリス

イギリスで看護師になるには、看護師免許だけでなく、学士を有していること(4年制大学を卒業していること)、実務経験が500時間以上あることが必須条件となります。学士号を持っていない方は、イギリスの大学を卒業することが必要となります。

看護師向け留学の資料請求はこちら

国際看護師に求められるスキルとは

国際看護師として働くためには、医療や看護の知識、現場での経験はもちろんのこと、コミュニケーションを円滑にできるスキルが必要です。外国語で、常に新しい医療の情報を仕入れ、病院のスタッフと連携し、診察や患者さんとのコミュニケーションができないことには、看護師としての業務は成り立ちません。国によっては医療が、現地の文化と根強く関連している地域もあるでしょう。このような状況に、臨機応変に対応できる適応力も求められます。

海外留学を通じて異文化コミュニケーション力を身に着ければ、変化の速い国際医療の現場で活躍できる即戦力となるでしょう。

国際看護師を目指すなら看護師留学がおすすめ

あらゆる国と地域に派遣される国際看護師は、英語またはフランス語が堪能である必要があります。EFでは、英語圏でも、非英語圏(フランスを含む)でも語学留学が可能です。EFの社会人向け語学コースでは、特別選択科目として、医療英語、製薬業界の英語、政治、社会など、国際看護師に求められる語学力と一緒に専門科目を勉強することができます。特化している専門分野が校舎によって異なりますので、詳細は資料請求、または説明会予約からどうぞ!経験豊富な留学カウンセラーから詳細をご案内いたします。

看護師向け留学の資料請求はこちら

実績50年のグローバル教育機関

EF Education Firstは、1965年の創立以来、世界最大規模の教育機関として幅広い年代の方々に語学教育の機会を提供しています。EFでは、毎年50万人以上の、様々な国籍の学生が集まり、インターナショナルな環境で言語を学んでいます。また、常に最先端の教授法を取り入れており、革新的かつクオリティの高いEFのプログラムは、世界中で高く評価されています。

50
実績50年のグローバル教育機関
26
教育部門で国内外での26の表彰
400+
世界400地域から選べる語学学校
外部機関とのパートナーシップ