音楽留学

日本では子供や大人の習い事で必ず上位に入ってくるピアノ。習い事や趣味としてもピアノ、ギター、バイオリンなど楽器演奏や音楽経験をされている方は多いのではないでしょうか?近年では、そんな日本でも人気の音楽を海外で学ぶ音楽留学が注目されています。世界中で展開されているプログラムは、プロや指導者を目指し海外の音楽大学や大学院で学ぶ長期留学から海外で開催されている講習会やプライベートレッスンを受講する短期留学まで幅広い層を対象としています。

ドイツ

世界的に有名な作曲家バッハ、ベートーヴェン、モーツアルト、シューベルトなど輩出してきたクラシック大国のドイツとオーストリア。両国には州立や私立の音楽大学、音楽院が存在し留学費用は安いのが特徴です( 留学先の学校により、留学費用異なります。)ただ非英語圏なのでドイツ語の語学力が必須になりますので、語学に自信がないという方は、語学学校+音楽というような留学プランを組み合わせましょう。EFミュンヘン校は、劇場や美術館などにアクセスしやすいダウンタウンに位置し、本場ヨーロッパの芸術に浸りながら語学と音楽の両方を学べます。

フランス

フランスでは、国立高等音楽院や地方音楽院、国公立と私立の音楽院などがあります。ドイツ同様フランス語の語学力が必要なる為、語学学校に通いながら音楽院に通う人が多いようです。学校によっては外国人受験者は、フランス語レベル証明書が提出義務になるところも。EFパリ校は、オペラ座、エッフェル塔、ルーブル美術館など『芸術の都』パリの中心地9区に位置し、*フランス音楽などの特別選択科目も受講可能。『芸術の都』パリを楽しみながらフランス音楽とフランス語を学んでみませんか?*特別選択科目は、時期により異なりますので詳細はお問合せください

イギリス

ビートルズをはじめ数多くのロックミュージシャンを輩出したイギリス。イギリスは、私立の音楽大学や音楽院が充実しており、ロックやポップスからクラッシックまで幅広いプログラムがあります。EFロンドン校は、イギリス音楽の中心地に位置し音楽、ファッション、建築物を楽しみながら語学を学べます。また、*アドバンス・ディプロマ・プログラムでは語学だけではなくアートやファッションも選択可能。音楽、ファッション、アートとイギリス文化を一緒に学びたい方にはおすすめです。(*詳細に関しては資料請求、またはお問合せください)

アメリカ

クラシックに加えロック、ポップス、ジャズ、ブルース、ゴスペルなどヨーロッパとは全く違う雰囲気の中で、様々なジャンルの音楽が学べるアメリカ。アメリカ音楽留学といえばEFボストン校から車で約15分のところにある名門音楽大学、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)がありますが、アメリカではどの大学や短大でも音楽を専攻することができます。その為、音楽専門の大学ではなく大学や短大へ行き音楽を専攻したり、音楽+○○などダブルメジャーで専攻も可能。現役ミュージシャンや教授陣から直接技術を学ぶことができるのも特徴です。

実績50年のグローバル教育機関

EF Education Firstは、1965年の創立以来、世界最大規模の教育機関として幅広い年代の方々に語学教育の機会を提供しています。EFでは、毎年50万人以上の、様々な国籍の学生が集まり、インターナショナルな環境で言語を学んでいます。また、常に最先端の教授法を取り入れており、革新的かつクオリティの高いEFのプログラムは、世界中で高く評価されています。

50
実績50年のグローバル教育機関
26
教育部門で国内外での26の表彰
400+
世界400地域から選べる語学学校
外部機関とのパートナーシップ