アメリカ留学中の食事について

一体アメリカ人って、普段何を食べているのでしょう?私たちのイメージでは、いつもハンバーガー、ホットドックやフライド・チキンを食べているような気がするのですが、それは本当なのでしょうか?アメリカ留学を控えている皆さんにとっては、アメリカの食生活はとても気になるところだと思います。食事のとり方から、食事の種類まで、日本とアメリカではだいぶ違いがあります。 ここでは、そんなアメリカでの食事について紹介したいと思います。

アメリカの食事について

アメリカの食事の特徴

まずアメリカの食事で、一番驚くことは、「量が多い」ということでしょう、そして「カラフル」。ジュースは花瓶ほどあるのではないか、と思えるようなカップに入り、ファストフードでフライド・ポテトを頼むと、一番小さなものでも日本のLくらいのサイズはあります。またシリアルやケーキなどは、白や黒色はまだしも、青色やオレンジなど、まさに人口的な「カラフル」な色がついています。ほとんどの食べ物が日本のものに比べ味が濃い傾向にあります。

「肥満大国」と揶揄されるくらいに、その食事が問題視されているアメリカですが、もちろん、健康志向のアメリカ人も沢山います。特に都市部では、世界各国のレストランやスーパーもそろっており、ハンバーガーやビザ以外にも、健康的でおいしく食べられる食物が簡単に手に入るようになってきました。昨今の健康的な日本食ブームも衰えを知らず、今では、スシやミソスープまでもがカフェで売られているという光景も目にします。

アメリカの食べ物についてはEF GOブログでも詳しく紹介しています。

アメリカの食事について

アメリカ人は普段どんなご飯を食べているの?

それでは、一般のアメリカ人は普段どんなものを食べているのでしょう?もちろん、人や家族によっても異なりますが、ここではアメリカでよく目にする食事の例をあげたいと思います。

朝ごはん

日本と同じで、一般的にアメリカでも朝ごはんをしっかり食べる人と、食べない人に分かれるようです。日本では、朝から、お米、魚、納豆、味噌汁、お漬物などしっかり食べる人も多いのですが、アメリカは一般的にシリアル、フルーツ、ヨーグルト、オートミール(お粥のようなもの)、パンケーキ、菓子パンなどをコーヒーや紅茶などと食べる人が多いようです。日本のように、朝から「魚を食べる」というと、驚くアメリカ人も少なくありません。かといって朝はあっさりしたものしか食べないわけでもなく、カリカリに焼いたベーコンやスクランブルエッグ、ベークドビーンズを朝ごはんとして食べる家庭もあります。

昼ごはん

学食で昼ごはんを食べるのであれば、たいていのカフェテリアにはサラダ、シリアル、各種スープ、タコス、フライドポテトや、ステーキやハンバーガー、パスタ、ピザのようなメインディッシュがそろっているので、その中から食べたいメニューを選び食事をとります。また、お昼は、外のカフェやちょっとしたレストランで軽食をとる人も多く見かけます。家からお昼ご飯を持参する人もいますが、日本のお弁当箱のように何種類ものおかずが入っているようなお昼ご飯ではなく、サンドイッチとフルーツ、ポテトチップスとシンプルなメニューを紙袋に入れて持ち歩く姿がよく見られます。

夜ご飯

家庭の文化、宗教、バックグランドによってだいぶ異なってきますが、実際に常に、ハンバーガー、ホットドックやピザ、テイクアウトの中華料理を食卓に並べる家庭も少なくありません。一般的に、料理をする場合は、マッシュポテトやパスタ、ラザニア、サラダ、スープ、ステーキなどの肉類が食卓に並ぶことが多いようです。ただ、アメリカ人といっても、ヨーロッパやラテンアメリカなど世界各国から移住してきた家庭が多く、故郷の伝統的な食べ物を食べる場合もあります。

スナック

一般的なスナックとしては、ポテトチップ、チョコレートバー、ドーナッツ、ポップコーン、クッキー、ガムなどがあります。日本のお菓子に比べて、味が濃く、また非常に甘いものが多い傾向にあります。

アメリカ留学中の食事について

留学の滞在形態によっても異なりますが、例えば、ホームステイを選んだ場合は、たいていは、滞在する家族が料理する食べ物を食べることになります。家庭にもよりますが、アメリカでは日本に比べ、簡単に料理を済ませる家庭が少なくありません。アメリカでホームステイを体験し、帰国した日本人の留学生からは、「夜はピザをオーダーして終わりだった」、「冷凍食品のマッシュポテトとチキンとグリンピースのみだった」という声を聞くことがあります。もちろん、ホストファミリーによっては「ホストマザーが料理が上手で、いつもおいしいものをおなかいっぱい食べた」という人もいますが、留学生全員がそのようなホストファミリーにあたるのではないのが現状です。食事のとりかたも、家族がばらばらにご飯をとるといった光景もアメリカでは珍しくありません。 このような習慣を新鮮なものとしてとらえられる場合は良いのですが、留学中の食事について悩みを抱える留学生もいます。日本と異なるアメリカでの生活ですから、アメリカの食事に順応しようとする姿勢は大事ですが、明らかに手抜きの食事、健康に害を及ぼす可能性が考えられる場合は、まずは勇気をもってホストファミリーに相談してみましょう。それでも改善しない場合は、留学カウンセラーに相談し、ホストチェンジや学生寮やフラットへの切り替えなどの対応策を考えましょう。

学校の寮に滞在する場合は、学校内のカフェテリアを利用したり、外のレストランで食べたり、テイクアウトをしたり、寮のキッチンを使って自分で料理して食事をとることになります。学校内や寮のカフェテリアでは、学校の規模によっても多少差があるかもしれませんが、サラダをはじめ、肉類、ポテト、スープ、シリアルなど基本的な食べ物はたいていそろっています。大都市であれば、世界各国のレストランも多く、お金をかけずに食事できる場所も見つけることができます。また、醤油や米などは、今では一般的なアメリカのスーパーでも手に入るようになっているので、慣れ親しんだ日本食を留学中に料理するということも可能です。