TOEIC

TOEIC概要

TOEIC(国際コミュニケーションのための英語のテスト)は、専門家や企業向けの標準化された英語のテストです。 TOEICは実際には2つの個別のテストになります。1つは受容的な英語のスキル(リーディングとリスニング)をテストし、もう1つは生産的な英語のスキル(スピーキングとライティング)をテストします。学生は必要に応じて、両方を受験するか、2つのいずれかを受験するか選択できます。 2つのテストの構造、採点方法はそれぞれ異なります。自習からコース、模擬試験まで、さまざまなTOEIC対策方法があります。

TOEIC:リスニング&リーディング

TOEICのリスニングおよびリーディングテストは、2つのTOEICテストの中でもより一般的です。テストセンターで管理され、10から990のスコアが付けられます。このテストでは、英語のリーディングスキルとリスニングスキルが平等に全体スコアの半分に値します。

TOEIC:スピーキング&ライティング

TOEICスピーキングおよびライティングテストはコンピューターで行われます。このテストは試験官は含まれず、受験者は録音もしくは記載されたプロンプトに対し声で回答を記録し、ライティング部門では自分の回答をタイピングにて答えます。このテストでも英語のスピーキング、ライティングの採点の重みが等しくなります。受験者の最終スコアは0400です。

運営元

TOEICは、米国の非営利団体であるETSの製品であり、TOEFLも、より多くの学者を対象とした標準化された英語テストです。