海外MBA

毎年、世界中から多くの生徒が海外M B A(Master of Business Analytics)プログラムに参加し、経営知識の学位取得を試みます。キャリアアップ、会社経営、海外就職と目的は様々ではありますが、海外M B Aの取得はそれらの実現を間違いなく後押しします。しかしMBAの取得は国内でも可能な上、実現には多くの準備が必要となります。海外に出てまでM B Aを取得するメリットまたはデメリットはあるのか?どのようなステップで海外M B Aを取得するのか?どれくらいの英語力が必要になるのか?概要を知った上で自分に合った選択をしましょう。

海外MBA

Hult International Business School

18+ 歳以上
学士、修士, MBA
世界中にキャンパスを持ち、受賞歴のある独立のビジネススクール、ハルトでビジネス学位を取得しましょう。
留学先: イギリスアメリカ中国アラブ首長国連邦

EF 長期海外語学留学

16 +
6ヶ月以上
語学学校で、外国語と専門科目を学びましょう。外国語試験の対策や、国際的な仕事体験もできます。
留学先: イギリスアメリカカナダマルタオーストラリアアイルランドニュージーランドシンガポール南アフリカスペインコスタリカフランスイタリアドイツ中国韓国アラブ首長国連邦

EF 海外進学準備留学

16 + 歳以上
6か月以上
英語圏の大学入学に向けた、総合的な進学準備コース。
留学先: イギリスアメリカオーストラリアシンガポールフランスドイツ

海外でMBAを取得するメリットとは?

M B Aは海外で受ける需要、メリットはあるのでしょうか?
M B Aは国内での取得も可能です。主に国立大学やいくつかの私立大学、民間ビジネススクールに通うことで取得ができます。加えて、国内でのM B A取得であればより安価で済み、それだけでなく会社を休職・退職せずに通うことが可能です。それでも海外に出てまでM B Aを取る、そのメリットとは?

海外MBA 取得メリット①:ビジネス英語の上達も見込める

MBAの取得と共に英語力向上をさせたいとする方は非常に多いです。海外でM B A取得を目指す限り、授業も生活も、テストも全て英語で行います。その為海外でのM B A取得は言わずもがなビジネス英語力の証明ともなります。

海外MBA 取得メリット②:世界中にネットワークが広がる

冒頭で述べました通り、海外M B Aには毎年多くの優秀な生徒達が目標達成を志して集まります。同じ志を持った各国の生徒と共にグループワークやディスカッションを繰り広げることで世界中にネットワークが生まれます。海外M B Aで大切なことの1つは授業で良い成績を取るよりも、教授に提出するエッセイよりも、卒業後のビジネスパートナーになり得るネットワークを世界中に作ることであるとも言えます。

海外MBA 取得メリット③:情報量の多さ

もう一つのメリットは、得られる情報量の多さです。一般的に、MBAおいて経営知識を身に着ける際、参照する文献は圧倒的に日本語より英語文献が占めます。世界のオンライン上の情報資料の半分以上は英語であると言われており、世界中の大半の優れた学術論文は英語で論述されています。

海外MBA 取得メリット④:キャリアの幅が広がる

海外MBAの習得は自分のキャリアの幅を大きく広げます。上記3点からも想像できる通り、世界の優秀な人材との間で巧みにビジネス英語を駆使し、世界中にネットワークを広げながらハイレベルな経営知識を身に付けた暁には、どの企業も喉から手が出るほど欲しい人材と言えるでしょう。中にはMBA保持者のみを求人する企業もあります。

多くの準備が必要?海外でのMBA取得のデメリットとは?

もちろん海外MBAの習得は簡単なものではない上、その分デメリットもいくつかあります。国内でのMBA習得と比較して、一般的に言われる海外MBAのデメリットをご紹介します。

海外MBA 取得デメリット① 費用面

世界の経営エリートの称号とも言える海外MBAは安価で得られるものではありません。一年間の海外MBAに掛かる授業料は一般的に700~1000万円いなります。その他、生活費や交際費、家賃なども考慮した上、1,500~2000万円の準備が必要となります。企業内社費留学や奨学金制度をうまく利用することも考えてみましょう。

海外MBA 取得デメリット② 授業についていく英語力が必要

海外MBAを習得する際にネックになるのが渡航前の英語力です。もちろん授業は英語で行われ、授業内のケーススタディーやディスカッションも意思疎通のできる英語力がなくてはいけません。
以下、海外大学院進学に必要となる応募条件の一例になります。

海外MBA 応募条件 (英語力スコア)
IELTS:6.5-7.5点(9点満点)
TOEFL:90-109点(120点満点)
GMAT:550-720点(800点満点)
*GMAT(Graduate Management Admission Test):英語、数学、ライティング、総合分析能力のセクションに分けられ、英語力の他に数学的能力、分析的思考力を問われる試験。 その他、大学院によってはGRE(Graduate Record Examination)の受験を求めるところもあります。入学希望の学校の応募条件を調べておきましょう。

海外MBA 取得デメリット③ 準備に時間を要する

これまでご紹介してきた通り、海外MBAは国内MBAと比較して費用、英語力共に準備に時間を割かなければなりません。 国際教育機関EFの大学院留学サポートプログラムでは、Hult International Business Schoolなど、世界中の200の提携大学への進学保証も行っています。ご自分の志望校と併願も可能です。英語力の基準を満たしていない方、GMATのスコアが足りない方も、専門家の指導の下、効率良くスコアを伸ばすことができます。


その他出願戦略のサポート、エッセイの添削など、MBA留学に必要なすべて効率的に学べるプログラムとなっております。詳しくは無料資料請求にてお求めください。

無料資料請求

MBA発祥の地、アメリカのMBA留学の特徴とは?

MBAは世界の経済大国アメリカにて生まれました。資本主義の先頭を走るアメリカには毎年非常に多くの生徒が最先端のプログラムを受けようと集います。そんなアメリカMBA留学の特徴として、座学の授業が少ない点があります。授業は主にグループで経営企画やプランニングなどを立てるケーススタディーで形成され、卒業後に必要となる実践的な形式で経営学を学んでいきます。そしてもう一つの特徴として、アメリカ大学院は生徒に在学中のインターンシップを必修科目とします。海外での就職を目的としている方やより実践的なグローバル環境でのスキルを必要としている方にはおすすめです。

無料資料請求


目的別の留学:
年齢別の留学:
国別の留学: