GO Blog | 留学・海外留学はEF
EF Education Firstからの旅、言語、文化に関する最新情報
Menu

卒業生に聞く! 人生の迷い を変えたワシントン長期留学 体験談(2017年)

卒業生に聞く留学体験談。松藤さんは2017年にワシントンに11か月間留学。閉じこもりがちだった生活が「積極性を得て自分から意見を発信したり行動したりできるようになった」と振り返ります。将来の展望を「留学を経て業界や業種を考えるうえで自分の選択肢が増えた」と話してくださいました!
卒業生に聞く! 人生の迷い を変えたワシントン長期留学 体験談(2017年)
人生の迷い の種類や解決法は人により異なりますが、留学を経て人生が変わった!というEF卒業生の方々に、当時の留学体験を振り返ってもらいました。今回は2017年4月にワシントンDCに11か月の長期留学に挑戦された松藤さんにお話しを伺いました。

留学をしようと思ったきっかけや理由、またEFに決めていただいたポイントは何ですか?

留学を決めたきっかけは、自分の知らない環境で生活することに興味があったこと、社会性を得たいと思ったこと、語学力を向上させたいと思ったことを同時に満たせると考えたからです。EFでの留学を選んだのは、現地の学校と日本のオフィスが直接つながっていたことが理由でした。

【毎月開催🌐留学フェア】で帰国生の留学体験談 公開中!〈ご予約はこちら〉

留学を通じてご自分で変わったな!と思うこと、留学だから身につく!と感じるものはありますか?

様々な友達に会って交流することはネットでは難しい

留学を通じて、積極性を得たことで自分から意見を発信したり行動したりできるようになったと思います。今の時代、ほしい情報がネットを通して得られる時代であっても、実際に海外の人に会って、日本以外の文化を体験したり交流したりして身につけられる社会性やコミュニケーション能力は、現地に行ってこそ養われるものだと実感じています。

留学経験を今後どのように生かしたいですか?業界や業種の希望は?

いまはまだ希望の業界や業種はないですが、留学を経たことで業界や業種を考える上での自分の選択肢が増えたと思います。

**なるほど。ちなみに、英語力はどのように変化しましたか?**留学前後のレベルを教えてください。

語学力は出発時がセファールB1レベルだったのが、卒業時はC1まで上がりました。また帰国時のTOEICは リスニング445、リーディング350でした。

授業の様子や内容、また学校の対応についてお聞かせください。

クラスメートは南米やアジア、ヨーロッパの学生

一クラスには大体12~13名が在籍していて、チリやアルゼンチン、韓国、日本、フランスからのクラスメートでした。レベルの高いクラスではヨーロッパやスウェーデンからの人の割合が多かったです。SPIN(特別選択科目)では、Grammar、English through Film、Debateがおもしろかったです。特にDebateはレベルが高くて大変でした。

6週間ごとの個別相談や学期ごとのAYプロジェクトはどうでしたか?

個別相談では、次のレベルのクラスに上がりたいかどうかの意思確認や、授業で取り扱った内容で何が面白かったか、授業外での日常生活の話などを共有しました。AYプロジェクトは、5~6人でグループを作って動物園に行ったり食事会をして交流を深めたり、テーマを決めて学校外で現地の人にインタビューをし、テーマに沿ってグループで発表を行いました。

インターンシップやボランティア、サークルなどの活動に参加されましたか?

友達と一緒にアプリで見つけた現地の語学交流会に参加して、日本語を学びたい人ネイティブの人と交流しました。そのとき現地の人との会話で困ることはとくにありませんでした。

現地での滞在はいかがでしたか?思い出やエピソード、また通学方法などについても教えてください。

滞在はホームステイと学生寮の両方を経験しました。ホームステイ先では、ホストマザー、ホストブラザーのほかにエクアドルから留学していた18歳の男子が一人いました。寮では3人部屋に滞在し、チリとベネズエラから来た16~18歳の子が2人いて、ときどき一緒にご飯を食べに行っていました。滞在先からの通学は、バスト地下鉄を乗り継いで大体30分ほどの移動時間でした。交通費は週に2000円程度かかったと思います。

【毎月開催🌐留学フェア】で帰国生の留学体験談 公開中!〈ご予約はこちら〉

EF現地校にはハウジングマネージャーやジョブコーディネーターなどの現地サポーターがいます。対応はいかがでしたか?

寮の部屋の移動の相談してからの対応が早かったので、週末には解決しました。

放課後や長期の休暇中はどのように過ごされましたか?

授業後は街の観光に出かけたり友達と買い物に行ったり、ご飯を食べたりして過ごしました。長期の休暇中は、飛行機で他の州に旅行に行ったりしていました。

出発前に準備をしていたこと、逆に事前に知っていたらよかったなと思うことは何ですか?

事前にクレジットカードやキャッシュパスポート、また携帯電話に関しては準備をしていきました。それでも現地についてから、出発前にスマホをSIMフリーにしておけば、現地で購入したSIMカードで自分のスマホが使えたのに、と思いました。結局、現地の店舗でSIMカートと安いスマホを購入して使っていたので。また、洋服を持っていきすぎないことも予め知っておけばよかったです。

当日の留学を振り返って、日本と海外との違いで大きく面白い、興味深いと思った点は何ですか?

地下鉄の時刻の電光掲示板の表示で、日本だと何時何分に来るかが表示されていて、Washington DCのメトロでは何分後に来るかだけが表示してあったことが面白いなと思いました。

これから留学をお考えの皆様へ訪れた街の魅力や感じた事のメッセージをお願いします。

ワシントンDCは季節感が日本とほぼ同じで過ごしやすく、政治の中心ということもあってか比較的治安も良かったです。博物館や美術館が多く、歴史や文化を感じられる落ち着いた街並みでした。

人生の迷いを変える留学✈✈資料請求はこちら
GOニュースレターから最新の旅、言語、文化に関する情報をゲット。登録

全12言語、50都市以上で語学を学習しよう。

詳細はこちら