IELTSリスニング

IELTSリスニングセクションは、IELTSテストの最初のセクションです。IELTSリスニングセクションは、IELTSアカデミックIELTSジェネラルのテストの種類を問わず、同一の設問が採用されています。試験時間は40分間となっており、イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語など、様々な英語のアクセントによりリスニングテストが構成されています。試験時間のうち、最初の30分間はリスニングのアナウンスに沿って解答する時間、そして最後の10分間は、解答を解答用紙に書き写すための時間として用意されています。

設問形式

IELTSリスニングテストの設問形式は、複数の選択肢から解答を選ぶもののほか、複数の選択肢から複数の解答を選択するもの、センテンスの一部が空欄となっており、空欄を埋めるものなど、筆記での回答も要求されます。IELTSリスニングテストでは、設問が全て冊子として印刷されており、設問順に解答していきます。受験者は、設問に解答する前に、先に設問に目を通しておくことが推奨されます。全ての設問では、リスニングのチャンスは1度のみです。

テスト構成

IELTSリスニングテストは、4つの設問により構成されています。最初の2つの設問は、日常会話に関連すること、そして後半の2つの設問は、アカデミックなトピックに関連することとなっています。:

パート1 – ダイアローグ

パート2 – モノローグ

パート3 – ダイアローグ

パート4 – モノローグ

採点方法

IELTSリスニングテストの試験時間は、合計40分間となっており、1つ1つの質問が同等の比重で採点されます。スコアは0から40まで素点で採点された後、0から9までのスコアに換算されます。IELTSリスニングセクションは、他のセクションと同等の比重となっており、IELTS結果送付の際、Overallのスコアとともに結果が送付されます。